こころのしろくろ

 誰の罪?

実際のJアラートは不思議な音…

2017年04月20日 | 日記
 今朝、どこからともなく今まで聞いたことがない不思議な音が聞こえてきた。私はその音を聞きながら、車の走行音でもないし飛行機でもない、つかみどころのないこの音はいったいなんだろう、どこから聞こえてくるんだろうと窓の外を眺めていた。すると、男性のとても静かな声で「屋内退避」と聞こえてきた。
 その瞬間、私は考えた。
「屋内退避?これは防災無線だったのか。ということは北朝鮮のミサイル発射…」
 急いでNHKを見てみた。緊急速報はない。Yahooニュースも見てみた。何事もないようだ。でも、防災無線では「屋内退避」と言っている。いったいどうなっているのか。
 しばらくすると、今度は別の男性が、「今のは試験放送でした」と放送した。
 試験放送なら試験放送で予め教えてほしかったが、今回の誤放送で、一気に北朝鮮問題をリアルに感じられた。

 その後、私は具体的にどこに逃げようかシミュレーションしてみた。
 その結果、何もできないことがわかった。せいぜい押し入れに入って、布団にくるまるぐらいしかできない。また、突然、見知れぬ人にインターホンを鳴らされ、「家の中に入れてください」と言われたと時は、たまたま玄関にいればすぐに入ってもらうが、もし私が家の中でもたもたしていれば、数分で着弾するミサイルには間に合わない。
 逆の場合もある。外出中に「屋内退避」と聞こえてきても、数分ではどこにも逃げられないと思う。
 最後に、一番の問題はJアラートの音だと思う。Jアラートの危機感が感じられない、なんとも不快な気持ちにさせる音では、人は動けないと思う。その音は、聞いた瞬間に人を冷静にさせるどころか、キョトンとさせてしてしまう気がする。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小説『怒り』を読んで | トップ | 指原莉乃を見るたびに、親父... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。