こころのしろくろ

 誰の罪?

『ドリカム層とモテない系』…モテない系に好感!

2017年06月13日 | 日記
以前、私は『ドリカムと隠れ鬱』というタイトルで日記を書いた。私が考えるドリカムファンは、常に恋愛至上主義という夢を追わされているような気がしていた。しかし、能町みね子の『ドリカム層とモテない系』という本の中の「ドリカムが好きそうな人たち=ドリカム層」は、また全く違った。
能町みね子が考える「ドリカム層」とはこうだ。
・「ドリカム層」とは、モテ系とモテない系の間に薄く広く存在する層で、モテ系ほどに「モテ」について積極的に攻めていくタイプでもなく、かといってモテない系のように自意識の迷路の中に自ら潜り込んでいくほどめんどくさい考え方(女らしい女だと思われたくない。)をしていないドリカムが好きそうな人たちである。
・モテ系は「まだまだ息の長いゆるふわ派」と「ボディタッチの多いわきが甘い(というか甘く見せる)戦略派」との二つ別れる。ドリカム層はモテ系と違い、常に無難なオフィスカジュアルの服装で(休日の外出時も)、意識せずに色気を出し、ネットよりもテレビに比重を置き、ペットボトルのふたを集めて車イスにするなどの「善意を示す」くらいの運動には参加し、通販好きで、キャンペーンのノリの善意大好き派。またマーケティングの対象で、いちばん一般的な意見を言って、世間の勢いに流されやすく、国民の平均モデルを体現できる人たち。
・ドリ子(ドリカム層)は彼氏や夫に比較的従順で、「尽くす女」。
・モテない系は仕事も自分のやりたいこともこだわりも捨てる気はなく、男に一歩下がって尽くすとか甘えるとかできない。また、結婚を面倒くさがり(お互いの実家との関係や結納、結婚式などの煩雑な人間関係や事務手続きに耐える懐の広さがない)、そこを乗りこえ結婚しても、今度は出産と育児の深みにはまる。そして、情報に右往左往しつつ、自分のスタイルや自由も欲しいというジレンマの中で疲弊する。このへんの重みをドリ子(ドリカム層)は軽く乗りこえる。ドリ子たちは絵文字で乗りこえようとしている気がする。「たいへんだよ~(T_T)くらいのノリで!」

私は能町みね子の考えには同感で、よく日本人女性を観察していると思った。
ただ、こういうドリ子たちに育てられた子供は、どうなるか考えてしまった。
私の独断と偏見で考えるなら、きっとドリ子の子供たちは親と同じように、ノリにのることだけに集中し、無難な生き方を選び、ペットボトルのふたを集めて車イスにするなどの「善意を示す」くらいの運動には参加し、一般的な意見を言って、世間の勢いに流されやすい人に育つと思う。そして、親と同じように事勿れ主義で、イジメ問題に対しては、「かわいそうに」と言いながら助けることはせず、ずっと安全な位置の傍観者になることだろう。
イジメられている人にとっては、イジメの加害者が一番悪いが、ドリ子のような助けてくれると期待させるだけ期待させて、実は加害者の味方だったというのが、精神的にはかなりショックなことだと思う。この自分たちの残酷な行為にも気づかないドリ子たち。

そう言えば、最近、私は運転している時、交差点で停車中に、前車のステッカーに目が行った。
そこには、ドキンちゃんの笑顔の横に「それいけ!アンポンタン」と書かれていた。
「アンパンマン」を「アンポンタン」ともじったのはわかるが、この言葉はかなりキツイ。
「アンポンタン」は東京方言で、意味と用例は、低脳、 愚か者をののしっていう語だ。
このステッカーを貼っていた前車は、若い女性が運転していたが、この女性はドリカム層だと私は思う。
下の記事にもあるように、「アンポンタン」は暴言になるので、こんなステッカーはすぐにやめた方がいいと思う。

暴言連発は過度なストレスで?りゅうちぇるを悩ませる”黒い疑惑”
http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170318/DailyNews_1288684.html
(一部引用)
タレント・りゅうちぇる(21)の炎上が止まらない。元々、デビュー当時から、そのおバカキャラがフューチャーされてきたりゅうちぇるではあるが、最近では度を超えた発言が目立ち、一部視聴者から「ウザくなってきた」と批判の声があがり始めてきたようだ。
 今月6日に出演した『成功の遺伝史 第4弾~日本が世界に誇る30人~』(日本テレビ系)では、共演した小池百合子東京都知事(64)を「ゆりりん」と呼んだことが大きな反感を買った。また、2月21日の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)でも、俳優の山西惇(54)に「アンポンタン!」と発言するなど、目上の人に対する言葉遣いではないことがバッシングを招いている。

「アンポンタン」Weblio辞書
http://www.weblio.jp/content/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%B3
東京方言、意味・用例等 低脳、 愚か者をののしっていう語
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 巧妙な罠 | トップ | 『涙そうそう』 »

あわせて読む