山咲雛子の日記

毎日何かを好き☆と感じ、感謝して、頑張っています。時間が沢山あったら、ゆっくり自然の中で過ごしたいです♪旅もしたいな♪

ミシェランガイド2017 宮城

2017年07月14日 | 

本日「ミシェランガイド2017 宮城」が発売されました。

仙台の有名な書店では900部を仕入れ、明日からの3連休で完売するのではないか、とTVでおっしゃっていました。

影響力強いですよね、某食サイトとは比較にならないかもしれない・・・。

ですが、この情報は定量的ではないのですね。

宮城県の食のカテゴリー別に何件の店舗を何回(何人)で回って、

その中で何が☆に繋がったのか、何だか曖昧と思います。

その調査員は覆面でお客様になりすまし、その店の料理を味わうのですが、肝心なのはその店に何回通ったからかしら?

例えば前夜にお酒を飲み過ぎて、体調の悪いなかで食べた料理は、おそらく美食家といえども食べる感動ないと思うし。

例えば、凄く暑い日であたたかいラーメン食べたら、美味しいと思うのか?

ストレスで味覚障害というのもあるし・・・。

基準が公開されず曖昧なのに、影響力だけ残すありさまは私は何か疑問を感じます。

飲食店の生き死にを、軽率に、左右するのは、皆にメリットが行き渡るのかな?

 

私の行きつけのラーメン店は先鋭のラーメンを目指しています。

店主が言ってました。

「僕の店に来たお客様が幸せになってくれたら、それだけでいい。ミシェランガイドに載らなくて良かった。いつもの常連さんが並ばなくて済むから」と。

経営者は命を削って仕事してます。

 

1回か2回の調査員さんの心持で、凄いものが出来ちゃう。

「ミシェランガイド」というブランドが全て正しいと、生活者の心がワシ掴みにされるのはどうかと私は思います。

味覚も考えも、これが正解なんて統一なんてされたくないから。

 

『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 徒歩で仙台の街を歩く | トップ | ミシェランガイド2017 宮城... »

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL