三つ子たちとちょっぴり不器用なママ

不妊治療で三つ子を授かりました。26週の超早産です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

未熟児出身だってこんなにもたくさん成長がある

2016-12-07 12:37:21 | 育児
最近、母である私は落ち着いた生活を送っています。

来年1月で三つ子は10歳。10年、長かったですね。

全然あっという間ではなかったですね。

でも、この子たちが我が家にやってきて、私は今までに経験できなかった幸せを

手に入れることができました。

家族という温かい家庭という幸せ。

そして、他人よりは遅いかもしれないけれど、三人がそれぞれ成長していくことを

私が見られる幸せ。

本当であれば一学年下の学年になるはずだった三つ子はようやく今の学年にたどり

ついた感じがします。

勉強も、だけれど、人間的にも。

反抗期、来ていますよ。

一番小さかった次男が、最近ちょっとした反抗期なんです。

真ん中の長男には反抗期はありませんが、男の子同士でよくプロレスごっこしあ

って、それがいつの間にかけんかになって、気が付くと仲良くなっている。

高機能自閉症の長男にとっていい刺激になっています。

娘は段々おしゃまさんになってしまって、男の子たちと遊ぶこともあるけれど、

一人でPC相手にプログラミングしたり、折り紙したり、読書したり、女の子

らしくなってきました。

長男は自閉度が非常に強く、本来ならば、こんなこと、できないはずだったの

ですが、嫌でも三つ子なので、知らず知らず、社会性が身につくのでしょうか。

学校でも、友達がいるようです。

ただ、てんかんがひどいので、私と後の二人で夜になると交互に観察、なんてこと

するのですが、これも、みんな、長男のことを真剣に考えてくれているからこそ

できるのであって、私はこの子たちをほこらしく思っています。

10年前、26週で生まれて、将来について何も想像すらできなかったけれど、

ちょっと個性はあるかもしれない、不器用さもあるかもしれない、

でも、普通の子のように生き生きと成長してくれる彼らに、彼らを授けて下さった

神様に感謝です。

幸いにも、今年は私も調子がよく、ブレることはありません。

生きていて本当によかったです。

みんなにありがとうと言いたいです。

ありがとうございます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三つ子のそれぞれの障害と現状 | トップ | 不妊治療感と今 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

育児」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL