三つ子たちとちょっぴり不器用なママ

不妊治療で三つ子を授かりました。26週の超早産です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

不妊治療感と今

2016-12-07 12:55:02 | Weblog
今、私はピルを服用しています。

元々、多嚢胞性卵巣症候群で黄体機能不全、頸管粘液分泌不全、高プロラクチン血症等々あったのですが、人工授精で三つ子を授かって、私は今はよかったと思っています。

三つ子でよかった。
おろさなくても、減数しなくてもよかった。

幸せ×3があるのですから。

でも、今もまだ月経が自力では来ません。なので、ピルを服薬しています。

実は、娘にはもうカミングアウトしているんです。
「あなたはママが妊娠しにくい体だったから、あのクリニックで、○○先生にお手伝いしてもらって、先生とパパとママの三人の力で授かったんだよ」って。

すると、娘もそれをよく理解し、弟たちにも話していますが、弟たちはいまいち理解できない、興味がないようです。

でも、真実は正直にいうべきだというのが私の考えです。

人工授精とはどういうことか。
ママの病気がどういう病気なのか。

娘は自分たちだけどうして三つ子なんだろうということが、どこか不思議だったので、私の話を聞いて納得したようです。

私はこういう考えですが、やはり間違っているのでしょうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 未熟児出身だってこんなにも... | トップ | また、思考がマイナス思考に... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-06-07 13:16:28
わざわざ言わなくても。私は絶対言いません。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL