ロンドン Positive Negative

ロンドンで暮らす ー
理想はポジティブ、時々ネガティブな主婦日記

安全管理②

2017-06-18 05:00:23 | ロンドン

以前住んでいたロンドンのフラット(マンション)で、家族がエレベーターに閉じ込められたことがある。

それまでも酷かったが、この時の管理会社の対応が特に酷く、それが大きなきっかけになり
その後すぐに引越した。

このフラットに住んでいた時、他にも気になることがあった。
高層住宅ではなかったが、イギリスは日本よりも空き巣が多いので、わざと少しだけ高めの階に住んでいた。
ベランダが全く無くて、窓も小さかった。
防犯面では安心していたが、ふと『もし火事になったら、どうやって逃げるんだろう…?』と考えた時、防災面ではとても頼りない建物だと気づき
、急に怖くなったことがある。それも引越した理由の一つだ。

それ以降、家(我が家の場合は戸建てではなくフラット)を探す時は防災面も気にするようにしているが、なかなか条件にピッタリ合う家を探すのは難しい。
今のフラットも『住んだ後でどうしても妥協できないような不安があれば、いろいろ面倒だけどまた引っ越せばいい』と思って決めた。






先日の火災現場はカウンシルフラット(公営住宅)だったため、住人の多くは好んでそこに住んでいたわけではないだろう。
以前から防災面で不安があり、改善を強く訴えていても対応してもらえなかったのだから
それが嫌ですぐに引越せるような住人なら、とっくに引越していたはずだ。


金曜、食材の買出しに出かけたら
40人くらいのデモの集団に遭遇した



被害者の顔写真か?管理会社の責任者か政治家の顔写真?が写った紙を持って
『We want justice.』と言いながら車道を進んでいた。


上空には撮影のためか、ヘリが飛んでいた





『ヨーロッパ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安全管理① | トップ | 今年が初開催!飲食屋台が並... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL