ロンドン Positive Negative

ロンドンで暮らす ー
理想はポジティブ、時々ネガティブな主婦日記

ダックスフォード航空ショー in ケンブリッジ

2017-07-01 04:10:16 | 飛行機
先月、ケンブリッジで開催された航空ショー
DUXFORD AIR FESTIVAL に行ってきた



BANKホリデーの三連休で、前々からチケットを購入し、ホテルまで予約していた。

しかし、この約一週間前にマンチェスターのテロがあった。
私はその影響で航空ショーが中止になるのでは…と思っていたんだけど、結局中止にもならなかったし、それどころかこの一週間後には再びマンチェスターでチャリティーコンサートが開催されたくらいだから、改めて私の発想(感覚)はこの国には合ってないと感じた。

私の家族も誰一人『中止になるかも』と考えていた者はおらず…
内心ちょっと怖かったものの、一人で留守番するのも寂しかったので、行ってきた



駐車場のゴミ箱は不審物を警戒してか?使用中止になっていたが、入場の際のセキュリティーチェックは想像していたほど厳しくなくて、ちょっと不安に…。





たくさんの戦闘機が展示されていて、ショーが始まる約1時間前までは間近で見学できた



シルバーパスにしたので、テントの中で休憩することができ、専用のトイレも使えた









※ゴールドパスだと食事付きで、テントの中の椅子の座面がクッション付き。




テントの中で展示されていた当時のもの





女性戦士が戦地に持参していたクリーム・石鹸・洗面用具、編み物・ソーイングセットなど









見学はテント前の野外から(椅子あり)。
パラシュート部隊が機内に乗り込み、飛び立って行く






地上では部隊が降りてくるために、目印の煙を炊く




一人づつ、順番に降りてくる



















降りてきた後、ゴールドパス・シルバーパスの観客の前で、パラシュートを収納するところを見せてくれた



パラシュートのショーは初めて見たので、個人的にはこれが一番楽しかった。


この他、以前レッドブル・エアレースで見た飛行機の上に女性を乗せて飛ぶ曲技飛行







アクロバット飛行など










一番衝撃を受けたのは、爆撃の時?に無線でどんなやり取りをするのか実演してたんだけど、その(偽の)爆撃音がめちゃくちゃデカくて、一瞬本当にテロかと疑ったほどだ……












会場内にはフライトシュミレーターがあったり




食べ物・飲み物、グッズ販売も















格納庫には、普段から常設で展示されているであろう機体もたくさんあった










『ヨーロッパ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラーメンの金田屋プロデュー... | トップ | ケンブリッジでパンティング... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

飛行機」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL