ロンドン Positive Negative

ロンドンで暮らす ー
理想はポジティブ、時々ネガティブな主婦日記

安全管理①

2017-06-16 10:30:52 | ロンドン
『酷い火事があったみたい…、』

水曜の午前、夫がまだ寝ている私にそう言い残して出勤した。表情がいつも以上に暗かった。

ー火事なんて軽いボヤでもない限りは酷いにきまってるじゃん…。
そう思って携帯を見たら、確かに大騒ぎしている様子の文面が。
ニュースを見なければとすぐにテレビをつけたら、一瞬で目が覚めた。


ー何これ………



ずいぶん昔、自宅で9.11の中継を見た時の衝撃に近い。

夫が『テロではなさそう』と言っていたのを思いだしたが、テロじゃないなら、なぜこんな大惨事に…?
混乱してしまって、しばらく呆然としたまま、ただ画面を見ていた。

少し経ってから場所を確認して、またショックを受けた。
よく現場近くの道路を車で通っていて、あのカウンシルフラット(公営住宅)をたぶん何度も見ている(確か周辺にいくつか似たような建物があるので、どれかは特定できない)。

私の自宅付近から車でイーリングやアクトン方面(北西)に行く時に、ウエストフィールド(ショッピングセンター)横のA3220〜A40の道路を使うんだけど、ちょうどその辺りにある建物だ。

半年か1年もロンドンに住んでいる人なら、たぶんほとんどの人があの建物の外観ですぐにそれがカウンシルフラットだとわかる(カウンシルフラット=高層住宅ではなく、低層住宅もある)。
高級なエリアも含めてどこにでも存在するが、この辺りは特に高層のカウンシルフラットがたくさんあり、A3220とA40の高速道路のような形状の道路からだと、視界が広くて建物がよく見える。



しばらくして、昨年起こった別の火災を思い出した。
シェファーズ・ブッシュ駅前、カウンシルフラットの火災
この現場は今回の火災現場から車で5分〜10分程度の場所だ。

私がなぜこの火災をよく覚えていたかと言うと
その原因が洗濯機からの発火で、我が家の洗濯機と同じメーカーの物だったから。
型番を調べたりして、家のは大丈夫そうだとは思ったものの、それ以降、洗濯機を回している間・特に乾燥させている間は絶対に外出しないようにしている。

この昨年の火災では18階の建物の中で火元の7階〜11階まで被害が及んだが、病院に搬送された方は1人もいなかったそうだ(現場で治療を受けた方が2人)。


出火の時間帯やその日の湿度など、単純に比較はできないが、やはり今回の火災は異常だと思う。









『ヨーロッパ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロンドンの都心部で大量の露... | トップ | 安全管理② »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ロンドン」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL