写真とかCGとかを気ままに
ぽせいどんの今日の一枚



心眼寺の隣も寺院です。真言宗の興徳寺。幸村と直接の関係は無さそうですが准提観音像が目立ちます。 以下、興徳寺のサイトより。 無数の仏を産んだことから、仏母とも言われています。我が国ではとくに子授けと安産の観音様としてお祀りされています。興徳寺の准提観音は、高さ33尺、約10mの大きさがあります。お目は三つ、お手は18本あり、 それぞれの手に持たれた仏具等でみなさまに功徳をもたらします。 また観 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




石碑の道路を挟んだ反対側に「心眼寺」があります。   元和8年(1622)4月、白牟(はくむ)和尚が、真田丸跡に、幸村・大助父子の冥福を祈るために堂舎を創建。それが心眼寺(しんがんじ)だそうであります。寺の定紋は真田家の六文銭。山号は真田山です。 当時、大坂は江戸幕府の直轄地であったため、豊臣方の武将であった幸村の墓をつくることは許されず、 大坂冬の陣から400年目に . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




大阪紀行の最中でありますが久々に海から昇る朝日に恵まれましたので...。 水平線には雲がかかっておりませんでしたがそのすぐ上に横に長くたなびいてました。 オメガサンになる頃には陽の上部が雲に隠れてしまいました。ちょっと残念。  . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




上町台地をさらに東へ進む。 妻が制服姿の高校生(明星学園)に石碑のありかをたずねた。制服で何処の高校か解るようだ。私も「上杉達也は学園の誇りですか?」と訊ねようと思ったがやめた。(タッチのめいせいは明青です。)道路脇に写真の石碑が鎮座してました。   脇を視ると今年の一月に建てられたもの。明星学園の校舎にも大きな壁画が....。 真田丸はどこにあったか?   . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




大阪城です。先日放映された「ブラタモリ」。秀吉の築いた城は家康に取り壊され、その上に新たに城が築かれたと言うことが調査の結果判明したそうな。大阪人ががっかりするのではと、しばらくの間その事実は伏せられたままだった。「うーむ。」この話けっこう好きです。 さて、妻の実家から1km弱に真田丸跡があるということで散歩を兼ねて出かけました。 10分ほど歩くとかっての上町台地 この通りの先に大阪城があ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




...何度目だろう? 26日 零時過ぎ出発例によって愚息は特設席に早々と昇っている。 24日の記録的な初雪の跡があちこちに残っている中を走行 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 夜明け前に伊勢湾岸道刈谷SAに到着 八時半 第二名神 甲南PAに到着 紅葉が鮮やかでした。 10時を僅かに廻った頃大阪市中央区谷町へ到着     . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




房総にも津波警報が発令されました。防災無線が避難勧告を流してました。 犬の散歩も兼ねて高台へ移動 雨が止まないのでしばらく待機 さきほど帰宅 隣町の漁港で30cmほどの津波が確認されたそうです。  . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




久々に観戦いたしました。もちろんTVでですが。最初に日本が参戦を表明したときは12m級(いろいろな条件を満たし複雑な計算をすると12mということで実際の艇の長さは20mオーバーでした。)日本が参戦したのは1992年からIACC規格(全長24.4m)の艇でした。予選4位。その後の1995年、2000年も4位でした。 しばらく遠ざかっていた日本ですがアメリカスカップに久々に参戦。シンジケートはソフト . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




スーパームーンは天候に恵まれず撮影は断念いたしました。 今朝もすっきりいたしません。鮮やかな陽が撮れませんでした。   . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今朝も水平線に雲がかかっておりました。 通りがかった漁船を一緒に写しこみました。船尾にスパンカー(船首を風上に向ける為の帆)をあげてます。  . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ