スターシードシンドローム 〜月光、銀河を照らすとき〜

セーラームーン(旧アニメ)に関する研究等あれこれと。特に200話=スターズ最終話の話ならいくらでも話せる性分です。

うさぎのピンチシーンあれこれ(S&SS編)

2011-10-16 23:15:33 | ピンチシーン
 数多くあるセーラー戦士のピンチシーンの中でもぼくがとりわけ想像力を
掻き立てられるのがうさぎのピンチシーンです。
S編におけるピュアな心の純度も他の誰よりも綺麗で(タリスマンでは
なかったにも関わらず一度は外部がタリスマンかと見間違えたほど)、
しかも他のターゲットが1回しかピュアな心を抜かれなかったのに対して
うさぎだけは2回も抜かれる高待遇w


(まずは101話の分からピュアな心を抜かれるシーンを抜粋)

この時点でも十分反応がエロいんですがブローチを取られてしまった
ためにそれを取り戻しに行った先でもう1度ピュアな心を抜かれる
羽目に遭ううさぎの図。


(2度目のピュアな心を奪われるシーン、表情がもう慣れているようにも見えますw)

しかも2度目は胸元で光るピュアな心のアップが拝める貴重な1枚もあり。
そして、これがきっかけになったのか後にブローチの前にピュアな心が
現れるシーンが出てくることになります・・・今回は割愛しますw



続けて、SS編でのピンチシーン。
奇しくもアマゾントリオ最後の出番となった標的にうさぎを狙う展開。


アマゾントリオに鏡を抜かれたものの後から出てきたレムレスに
横取りされて勝手に鏡をのぞかれている構図。
うさぎの夢は「(衛の)花嫁さん」でしたからきっとあんなことや
こんなことを見たのでしょうね・・・

でも、このまま普通に終わらないのがうさぎのピンチシーンの
真骨頂でこの後、レムレスの放った一撃により本編で唯一、
鏡を破壊される悲惨な事態が発生w


リアルタイムで見た瞬間、「アーーー!」って叫んでしまったシーンです。
結局はアマゾントリオが助けて夢の鏡が元に戻るわけですが気を失った
虚ろな表情のうさぎと蘇った夢の鏡が印象に残ったシーンでした。



ここまでしっかり見てみるとうさぎはやっぱり主人公らしく、ピンチの
ときでも扱いが他とは明らかに違うのが良く分かりますねw
スターズ編でもピンチシーン(200話以外でも)はありますが
そこまで書くと長文になるので今回はここまで。

※何かご意見・ご感想がありましたらコメントお待ちしております。
あなたの好きなうさぎのピンチシーンについてでも構いません。
200話に関することでもOK!大歓迎しますw

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
ジャンル:
アニメ
キーワード
タリスマン
コメント (0) |  トラックバック (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
トップ | うさぎのピンチシーンあれこれ(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。