ユーニッヒ

仕事の話もたまには書くかもしれません。

年末の思い出

2016-12-24 16:27:10 | 日記
 20年くらい前、年末年始を京都に旅行して過ごしたことがありました。京都は大学時代に住んでいました。下宿と実家では生活の快適さが異なり、休みになると早々に実家に帰っていました。このため、大晦日や元旦の京都の様子は知りませんでした。
 旅行に行って、市内をバスで回ると、商店街があり、歩道で餅を搗いている人がいました。大晦日の寺院は、観光客があまりいません。ひっそりしていて、過ぎゆく年を惜しむ気分によく合っていました。
 京都人は、年末はすき焼きを食べるというようなことを聞いたことがあります。寺町通りにすき焼きで有名な三嶋亭さんがあります。下宿していたころ、阪急河原町駅に行く際に前を通りましたが、いつもは行列はできていないのに、年末になると売っている牛肉を買うために行列ができていました。京都人よろしく、三嶋亭の肉を食べたいところでしたが、学生時代は実現しませんでした。しかし、20年前に京都に行った際、夢はかない、三嶋亭ですき焼きを食べました。
 年末の風情が街中に溢れていました。なかなか年末の風情がない中、さすが京都、現代に古き良き面影を残すと思ったものです。
 数年同じようなことを繰り返しましたが、あるところで行かなくなりました。年末の風情が薄れたように感じたからです。ほかの土地ではよくあることですが、12月から1月への推移が、単なる月替わりです。京都にもそのような波が来たようでした。
今年もあと1週間。昔の京都を懐かしく思い出しました。
 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 講習会はつらいよ | トップ | 京一会館 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。