スローでいこうよ

キャンプレポートやキャンプに関わるお気に入りの品の紹介をメインにしてます。

カニカニ in 越前

2017-03-25 00:18:43 | 車中泊旅


日本海は穏やかな小春日和

そんな季節の変わり目を迎える中、車中泊しながら越前へカニを食べに行ってきました。
このときがカニ漁で船がでる最終とのことで、ギリギリ間に合った。

カニを自分で買ってキャンプでというのもありですが、調理の具合がよくわからない。なのでお店でいただくことに。






蟹料理専門店、蟹かに亭さんに到着。漁港の大駐車場から徒歩1分。






店にはいったらいきなり大きな生け簀が。これ道の駅の店にあった生け簀よりも大きく泳いでる数も多い。さすがカニ専門店といえます。

この中から好きなカニを選ぶというシステムのようです。
刺身と焼き用に1匹、茹でに1匹、上のほうで他の蟹を踏み台に走り回っているカニをチョイス。






まずは刺身。たらいに豪快に盛られていて目を楽しませてくれます。
肝心の味の方は、、ブリッブリ、うまい! 以外の言葉が見つからない。







焼き。お店の方のおすすめの食し方は、甲羅に入った味噌を刺身に付けていただくというのですが、確かにうまい!






最後に茹で登場。甲羅についた黒いつぶつぶってなんなんだろう?聞くのを忘れた。
味は文句無しに美味しくてこの後写真撮り忘れた。これはリピート確実。


来年またお邪魔させていただきます。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

韓国でみた作業車

2017-03-18 18:30:44 | クルマ


今週はずっと、ソウル郊外のパンギョーという街で仕事。





ふと、窓の外に目をやると、なんか気になるクルマが。





これヒュンダイの作業車みたいですが、前方がワゴンで後方が屋根付き荷台って、キャンプカーとして利用しやすそうですね。
日本にもよく似たのがありますが、こちらのほうがデザイン的にいいかも。ただ、車体の大きさにしては小さいタイヤがちょっと。





こっちきてから3日くらい夜も昼も定番のコリアン焼肉






オーダーするのは肉だけなのに、一緒に出される小皿の多いのはどこも同じ。これで腹一杯になってしまいます。
こんな感じで毎日、肉肉肉、体重はここ6ヶ月の中でMAXに、、やばい。

週末帰国します。連休は北陸で今シーズン最後のカニ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MSRパビリオン出品

2017-03-13 20:07:59 | キャンプグッズ


キャンプスタイルの変化からMSRパビリオンを放出することにしました。







パビリオンに関わる記事は今でもアクセスが多く、
手放すのもしのびないところもあるのですが、
ここ数年、ずっとタンスの肥やしになってました。


昨年は再販で話題になりましたが、それでも設営することがなかったのは、
やはり車中泊+オーニングの移動型キャンプへとシフトしているせいでしょうか。
設営するにしても、久しく薪や炭の保管庫みたいな補助的な使い方になってました。






何せ昨年はオートキャンプに行ってなくて復刻のパビを見たことがないのですが、どうも幕の色が少し違うみたいですね。
こういったオールドMSRにあるグレーな感じよりも薄い白っぽい色で、生地も薄く軽いという報告を目にします。
並べればレプリカとの違いは一目瞭然ではないでしょうか。






オリジナルとの違いで特にわかりやすいのが本体収納袋。
パッチラベルのロゴフォントや、収束ストラップの色も異なるようです。






付属するペグはあのロックバスター。ボードルームやビッグダディなど往年のMSR大幕にも付属していました。
樹脂製でとても使えたものではないと言われながらも、これもいざ廃番になると入手はできません。






パビリオンは、ほんと簡単楽に設営できる希有な幕でした。嫁ぎ先でも活躍することを祈ります。




関連記事

MSR パビリオン (Pavilion) - スローでいこうよ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

整理出品中☆ ゼロ戦パン焼き器(三菱重工製)

2017-03-12 10:42:47 | キャンプグッズ


こちら、キャンプ用品コレクションの中で幾度ものダンシャリを耐えてきた品。このたび放出することにしました。
終戦直後に出回ったジュラルミン製のパン焼き器だそうで、キャンプに使おうと思いつつ入手したものの未だ一度も火入れしたことがない。





なぜこんな素っ気ない鍋がダンシャリを耐えてきたかというと、それは蓋には鍋には似つかない、でも見覚えのあるスリーダイヤのマーク。






そう、こちらは三菱重工業製のパン焼き器です。そして、ジュラルミンの提供元は、あのゼロ戦だそうで。




(画像:Wikipediaより引用)

戦後、三菱重工では戦闘機需要が無くなり、一時の間、社員の生活を確保するため、ゼロ戦に用いられていたジュラルミンを溶かして、
鍋やらヤカンやらといろいろと製造していたそうです。詳しくは、『ゼロ戦パン焼き器』でググってみてください。


NHK|ニッポンのポ >> ”ゼロ戦”がホームベーカリー!?





こちら使われた形跡が見られず、使用頻度がとても低いか、もしくはデッドストックかもしれません。
少なくとも自分はこの歴史的遺物においそれと火入れする機会はなく、ずっと長らくワイヤーシェルフに置いたままでした。


昭和時代のものを展示した博物館やネットなどで目にすることができますが、蓋を持ち上げる専用のツールも付属する完品ということもあり、
ここまでの程度の良いものはなかなかお目にかからないのではないでしょうか。





本体と蓋に小さな穴があいているのは蒸気抜きの機構。ずらすことによって蒸気を抜いたり無水鍋のように閉じたりすることができる。
シンプルな作りだけど基本がしっかりしているところはさすが三菱の技術者が手がけただけありますね。





コレクションの中で、ゼロ戦系はもう1つ。ここで一緒に写っているヤカンは、いわゆるゼロ戦やかん。
骨董屋さんで非売品としてされていたものをお願いにお願いして譲っていただきました。





三菱のマークはみられませんが、骨董屋の主人曰くこれは確かにこれはゼロ戦を溶かして作ったものだそうで、、これって某鑑定番組で良く聞く流れで、、もしかしたら偽物かもしれません。でも、わざわざゼロ戦を溶かしてつくったなんて、そんなストーリーをやかんについて語る引き出しはなかなか嘘とは思えないのです。
素材はその様子からしてジュラルミンのようで、わざわざジュラルミンを用いるとなると戦闘機の素材系なのでしょう。


パン焼き器のほうは、ダンシャリの一貫としてヤフオクに出品中です。興味がある方はそちらをご覧ください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の断捨離☆ 巨大グランマポット

2017-03-09 19:09:44 | キャンプグッズ


自らのオートキャンプスタイルがテント泊+タープからなる定住型から車中泊+オーニングという遊動型へとシフトしてゆくなか、






これから春先にかけて使わなくなったテントやオートキャンプグッズをいろいろとダンシャリしてゆこうと思います。






一例として、この銅製ポット。こちらは本家USAビンテージ






容量8リットルと巨大で加湿利用時に水足しの面倒から開放されます(^^)

他、ちょくちょく出品してゆきますので、興味のある方はヤフオクをご覧ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加