心は18歳

TOTOのふたりを偲んで生きるわたしの日常

The Best of My Love

2016-11-12 10:21:00 | 日記
きのう消防設備点検のため在宅するので早退しました。
半年にいちど、たった5分ほどのために5時間の時給をふいにするのです。
あいさつのひとには告げておきましたけど、月曜日以来スキンシップなくて、昼休みも帰りも一緒にいられないまま土日に突入です。
することはあるけど、休みの日に寂しくなるなんて考えもしませんでした。
帰って、点検を受けたあと、あまりにも寒くて眠くて、区役所に行こうとかATMでお金を引き出すとかみんな吹っ飛んでしまいました。
けさは早くに待ち合わせて、coffeeを飲みました。一緒にいるために早く起きるのですから眠くてしかたないのはしかたありません。
「どこかにいきたいな、映画観にいこう、温泉もいい」
「泊まれない」
「いつか泊まれる…日がくる」
わたしは外泊などしたら娘から彼に筒抜けです。
割りきりは許されましたが、1泊するということは、心を許した相手ということです。彼には絶対に知られたくありません。
わたしには彼の話題は禁じるのに、自分のお嬢さんの話はよろこんでします。
聞いてつらいのはなぜなのか…
つまらない独占欲です。
既婚で、好みの男性ではないし、会話にも窮するくらいなのに。
同期さんを慕っていた彼女が、
「ふたつ後ろの席に座ってましたけど、長年連れ添った間柄にみえました。(あいさつのひとが)一緒にいると安心できるって思ってるのがわかります」
「…そうかな。会話がむずかしいけど」
転職して半年。有休も付きました。
1,000人近い人材が去り、わたしは当初の計画とは違うもの思いをするはめになり…
引っ越してきて1年、なかなか平凡に平穏に生きられないものです。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Another Part of Me | トップ | So Much in Love »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。