心は18歳

TOTOのふたりを偲んで生きるわたしの日常

Touch the Sky

2016-09-14 23:31:00 | 日記
配信を待つことおよそ30年。
CDはみつけられませんでしたが、いまはスマートフォンで聴くことができます。
まだカーステレオでカセットテープを聴いたころ、彼もこの曲のシンバルに感動していました。
たまにLAに行くので、Smokeyのこの曲のアルバムを探してくれましたが、まだCDはなかったので、「Cruisin'」が入ったAltimate Bestを買ってきてくれました。
比べてはいけないけど、わたしが思い通りにならないからと腹を立て、わたしを置いてカフェから出ていく自己チュー男とは…
やめておきます。妻帯者が自分勝手なのを承知でNoを言わないわたしが悪いのですから。
職場もとうとう業務縮小の様相が濃くなり、別れを告げる必要もなく笑って去ることができます。
精一杯、誠実に取り組み、仕事が遅いにもかかわらず評価していただきました。
あしたまでに、残りたいか去るかの返事をしなければなりません。残りたいと言っても必ず残れるわけではありません。
いまの時点ではまだ決められません。
日雇いの派遣に登録していますし、仕事を選ばなければ働けるのです。
とにかく…自分からでなく、去るきっかけができてよかったと思います。
気にはしているかもしれませんが、もうそばには行けません。
わたしはひとりでいようと決めてこの職場にきました。JeffとMikeへの思慕だけをたずさえて。
だれに興味や関心を持たれなくてもかまいません。
素敵だと感じる男性はいますがそれだけです。
綱渡りになんども失敗しました。くじけずに職場にこられるのは、仕事が遅い以外、自分に恥じることがないからです。
あしたは待っていたMontereux Jazz FestivalのDVDが届きます。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Falling in Between | トップ | How Many Times »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。