会長のつぶやき

(一社)新潟県作業療法士会会長の横田です。
気軽にコメントしてくださいね。

生活援助の提供内容の実施割合

2016年10月13日 | 県士会
要支援者を念頭に考えると、ヘルパーの援助は確かにこうなるイメージがありますよね。
「生活不活発病モデル」ととらえ、MTDLPで元気の出る長期目標設定し、達成のための生活行為目標と生活プランを立案する…するとかなりの改善が得られるという検証結果が出ています。
振り返って、我々は要支援レベルの方々に丁寧に対応ができているのでしょうか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【管理運営⑧】 11月26日、27... | トップ | 福祉用具貸与・販売の流れ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む