生きているだけで丸儲け。北の大地で蝶と戯れ退屈なし。

好きなことを自由にやる。嫌なことも元気にやる。何でもワクワクやって生きていきたいな。

在りし日の夕凪

2017年08月09日 | 日記

若かったから憧れていたのは港町
船を見ているのが好きだった。

大通りから一つ通りを外れると
家族で営む小粋な茶店。

いつも学校帰りに立ち寄って、
コーヒーを飲んでいた。

マイカップなんか置いちゃって、
一端に大人ぶっちゃたりしてさ。

カウンターのいつもの席に座ってね、
ルイ・アームストロングなんか聞いちゃってさ。


妙にいきがって・・・
変に大人ぶって・・・

霧の中から出ることもできず、
訳わからぬものの中に漂っていた。

アイデンティティも
向かって行くものも見えやしない。

それなのに、
茶店から出る頃はいつも夕凪時間。

都っぽい海風と野暮ったい陸風の
夕暮れ時の馴れ合い時間。



・・・・・・・あ〜あ、

昔の自分を思い出してしまいましたよ。

なんか疲れているんだよね。

今はさ

凪の心になるように生きてるよ。

自分が求めていたものに出会えたから。


北の大地からでした(^o^)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アオカナブン、産卵ケースに... | トップ | アンモナイトの博物館、三笠... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。