生きているだけで丸儲け。北の大地で蝶と戯れ退屈なし。

好きなことを自由にやる。嫌なことも元気にやる。何でもワクワクやって生きていきたいな。

時間のかかるカナブンの油取り

2017年06月09日 | 標本
油が出ていたカナブンを展足後、油抜きをしました。

シロヘリオオツノカナブン タンザニア産
Dicronorrhina derbyana

最初はこんな感じで、油まみれでした(^o^)




アセトンに2日ほど浸して、やっと見られるようになった個体です。




まだ展足していない、綺麗なシロヘリオオツノカナブンがまだまだあるのですが、

油が浮いているものから処理しました。

本来なら油が出ていないものから展足するのが普通ですよね(^o^)

なんか変?

わたしバカよね🎵おバカさんよね🎵って

細川たかしの「心のこり」かって!

まあ、いいか。

義兄が細川たかしと従兄弟だから(^o^)

北の大地からでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウスバシロチョウの産卵状況 | トップ | アオタテハモドキが羽化し始... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

標本」カテゴリの最新記事