生きているだけで丸儲け。北の大地で蝶と戯れ退屈なし。

好きなことを自由にやる。嫌なことも元気にやる。何でもワクワクやって生きていきたいな。

辛夷(コブシ)の実

2017年08月13日 | 植物
春に鮮やかな白い花を咲かせるコブシ。

秋になるコブシの実は案外知られていないのでは?

熟していませんが、UPしました(^o^)

コブシという名前は、袋果という袋の中に入っている実が、握りこぶしのように見えることから付けられたようです。

夏のはじめは緑だった袋果が秋になると黄色っぽくなり、やがて赤みを帯びてきます。

更に熟すと、袋果が割れて赤い実がのぞき出します。

実の形は様々で、細長いものから丸いものまで同じものがありません。

この赤い果実の中に黒い種が入っています。

北の大地からでした(^o^)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やられてたまるか! | トップ | オキナワツノトンボの展翅など »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。