生きているだけで丸儲け。北の大地で蝶と戯れ退屈なし。

好きなことを自由にやる。嫌なことも元気にやる。何でもワクワクやって生きていきたいな。

エゾオオマルハナバチ、懸命に働いていた・・・

2016年09月19日 | 生態

昨日の日暮れ時、気温16度、蝶はまったく活動していません。

だんだん寒くなってきました。

そんな中、1頭のエゾオオマルハナバチが懸命に蜜を集めていました。

直向な姿を見ていると、俺も頑張らないといけないな。

そんな思いが沸いてきました。

 

それではまた。北の大地からでした。

『虫』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エゾヒメギフ、展翅板から外... | トップ | 鮮やかな紅紫色の花が丘一面... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

生態」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。