浜田省吾の曲についての一言コメント

われらが浜省の歌は なぜにこんなに心に染み入るのか・・・ 私 浜省やっぱ好きなんです^^

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

A LONG GOOD BYE

2007-09-19 01:13:15 | Weblog
長い別れ・・・
つまり 本当に別れてしまう・・
言い方を変えれば 二度と復縁することのない別れ・・・
とでも言えばいいのでしょうか

優しいメロディーにせつない言葉が綴られながら
歌い上げられています

君からの最後のキス・・・
そのキスで できることなら「さよなら」の台詞を
遮ってくれないか・・・

君は今やさしい笑みを俺に向けてくれている
なのにとても悲しそうだ・・・
今にも泣き出してしまいそうな微笑・・・

けれど・・・もう 戻れないよ・・・

これ以上君といると
君が辛くなるだけだ
君は「辛抱」をして 
これからずっと やっていくというのか・・・?
もし そうだとしても
それを見ている俺も辛い・・・

俺が俺である限り俺は俺を変えることもできない・・・
勝手な理屈さ
それでも・・・そう それでも・・・

すまない・・・
君にはこれまで幾度も幾度も辛い想いをさせてきたね
君はそれでもずっとこらえていたんだよね
そして俺は本当は知っていたよ
このままでは「いつか君が壊れていく」ことを・・・
それでも それを気づかぬフリをして
何事もないように振舞いながらここまでやってきた
その重すぎる罪・・・
君を俺の「犠牲」にしていたのだから

君の中の「悲しみの種」
育てたのはこの俺・・・

その償いもできぬまま
こんな日をむかえてしまったんだね

A LONG GOOD BYE・・・
もう君の前に現れたりしないよ・・・


そんなシーンを夜明けの東京ベイが
優しげに静かに
二人を包み込んでいた・・・


「さよなら」・・・
私が何よりも辛く感じる言葉です
そうそれこそ「絶望的」と同じ意味を持つ言葉
それが「さよなら」です

もし私を打ちのめしたいときには
この言葉を投げつければいい

それほどの威力をもった言葉です

悲しみのない永遠のつながり・・・
私は夢見ています






【告知です】
次回から 
「浜田省吾の曲についての一言コメント」は
ライブドアブログに引越しさせていただきます
このブログをご愛顧いただいております方々におかれましては
これまで誠にありがとうございました
願わくば引き続き
新しいページでも応援やご愛顧賜りますよう
平にお願い申し上げます

新しいブログページアドレス
↓ ↓ ↓

http://www.utainu.com/


皆様 引き続きよろしくお願いいたします

                 popsdog







コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

What's matter baby ?

2007-09-12 01:01:08 | Weblog
Are you ready?
This is the Rock'n Roll!!

てな具合のゴキゲンなR&Rナンバー!
当然 私も大好きです!
「車の中でかかるベスト10の歌」に
95%の確立で入っている曲です

浜省は音楽的にはポップシンガーだから
(スピリットはロックンロールシンガーに間違いない!)
R&Rナンバーでも割かしキーボードを多様してアレンジしている
そう思うのですが
この曲はギター!ですよね
いわゆるR&RっぽいR&Rなのですね

もやもやをふっ飛ばしたいときなど
ぜひ聴いてもらいた一曲です!
ただし運転の時には事故ら無い程度にね(笑)

さて歌詞ですが
ノリの割にはけっこうへヴィーです
一言で言うなら
 「野生」を忘れていないサラリーマンの
  だけどサラリーマンであるがゆえに
  どうしても抱えこんでしまう様々なストレス
  彼女と過ごす「夜のひと時」だけが唯一の救い!
といったところでしょうか?

下記に私のハートにくいこむフレーズをいくつか列記します

  Monday morning 地下鉄 無表情な人並み
  デスクに山積み 書類とメッセージカード

  コンピュータ画面の図形と文字!
  目の奥に電流が走るようないたみ・・・

  社内の医務室 まるで野戦病院・・・

  くびれた足首のOLたちの腰つき
  横切るのはただフラストレーション!!

  無表情装って 急に誰もが無遅刻
  上司の言葉に「イエス」「イエス」「イエス」

  「What's matter baby?」
   I say 「I am all right!」

  
みんな私の実感として伝わってくるものばかりです

私事で恐縮ですが 先日も思ったのは
最近のある日の会議で 取締役クラスの上司が
いろいろアイディアを出してそれを実践すれば
必ずお客さんは喜んでこちらを振り向く!
そういうことを言うのですよ

けど我々実際にお客さんと対峙する者としては
正直 「しゃらくせえ!」わけですよ
「あなた方は何もわかってない!」と・・・
「あなたたちそこそこの給料が毎月入る人間には
いわゆる庶民の感覚はまるでわかっていない
我々はその庶民を相手に商売しているのに・・・
あなた方はズ・レ・テ・ル!」
そう思うのですが意見を求められると
「御意!」
といってしまう自分!
恥ずかしいやら負け犬気分やらで・・・
そうしてまた気持ちの段差を抱えながら
業務に取り組む私なのでした・・・

ごめんなさい
ぐちっぽくなっちゃいましたのでここら辺で!

Hey サラリーマン! Guts!!






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

DARKNESS IN THE HEART

2007-09-08 13:00:45 | Weblog
 叫ぶ歌は答えのない心の奥の暗闇

このアルバムを出す少し前ですかね
浜田省吾氏のお父さんが亡くなったのですね
彼のお父さんはたしか警察官で
それまで数々の現場で活躍されたそうです
広島の「仁義なき戦い」の場だとか
学生運動の鎮圧の場だとか・・・
浜省はそういう父親の背中を見てきたのでしょうね
あるときは父を「体制派」の人間としてみえて
反発を感じていたこともあったそうです
(浜省は学生運動の時代をリアルタイムで
 生きてきた面もありますからね)

けど やはり父親は浜省にとっては
大きな大きな存在であったようです
これは私の個人的印象ですが
浜省の歌って いろいろありますがその背景には
どちらかというと母親より
父親の姿があるように思えるのです

男の子にとっての「父親」とはなんなのでしょうね?
そういう私もいまだに模索中です

そしてその大きな父親の最後をこう歌っています

   思い出す 病室で痩せていく父の姿を
   いたみから解かれて 去っていった
   ひとりきり・・・

   車の窓に映ってる
   俺の顔 彼に似てる・・・

彼のお父さんは「被爆体験者」です
原爆が投下された後の広島の街を
救護のために走り回ったこともあるそうです
それで被爆してしまったのかと・・・
(話が違っていたらごめんなさい)

話はもどりますが
「いたみから解かれて」とは
その意味で被爆者の苦しみからの解放という意味もあったでしょう
もちろん当の病気の苦しみからの解放もあるでしょう
そして「生きていく」という苦からの解放という意味もあるでしょう
ここでの「苦」とは生きていくうえでの宿命としての生の制限
仏教でいうところの「四苦八苦」というものですね

 これで親父も本当の自由を手に入れたんだな・・・

という思いもあったでしょう

で 話が長くなるので 
何が言いたいかというと

  生きるということの意味とは何だろう
  そんなもの 本当はないのではないか
  そうならば人はなぜ生きていくのだろうか?
  人はいつか必ず去っていくのに
  そして なぜ去らねばならないのか?

そんなことをこの歌は語っているような気がします

そしてその答えは「風に舞っている」・・・のではないのです
そう 誰にも正確には答えることなどできない

  横たわってる心の奥の暗闇

なのです

そう それでも人は生きていくのです
答えなどなくていい
「今ここに在ること」
それを答えとして 次へと心をつなげていく
それでいい!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

RISING SUN ~風の勲章~

2007-09-05 18:23:08 | Weblog
焼け跡の灰の中から 
高く遠く飛び立った・・・ from1945


戦争で全てを失い・・・
それは形あるもののみならず
価値観や考え方までをずたずたに引き裂かれ
まさしく全てが「灰」と化したこの国

それでもこの国は奇跡を起こしたかのような早さで
順調に復興しました
この時期日本人は世界レベルではそんなに高い評価ではなかった
それでも大和魂・・・とでもいうのでしょうかね~
日本人の底力と負けない精神力
そして家族を守るという思いの強さなのでしょう
この時 日本人には「誇り」があったと思います
自分が日本人であるという誇りですね

敗北した民族
戦犯国の民
そしてすべてを無くした民

だからこそ負けられなかった
とにかく生きることに真摯だった
必死だった
ひとりではとうてい太刀打ちできない
だから家族はもちろん
近隣の人たちとも強く繋がって
強風の中でもしっかり皆で踏ん張って前を向いた
それが「日本人の誇り」だった
そういう気がします

それから月日は流れ
その日本人の子供 そして孫
彼ら(つまり私達)の時代になった
その彼らは・・・
1945年に立ち上がった民と同じ血を受け継いでいるはず
けれどそれはまるで「幻」ではないか?
と思えてしまう

確かに世界水準では高位についている
生活もおおかた豊かにやっていける
そこにあぐらをかいていても
それを創ったのはあなたがたではない!
あなたがたの前の前の世代なのだ
それなのに・・・

以前にも描いたかもしれませんが
日本人はきっと「感謝」という心が
薄まっているのかもしれません

そこにあるのが「当然」
自分がいい思いできるのは当たり前
周りは自分の人生の脇役
関係ないね
昔のことなんて知らないよ
知ったってなんの意味も感じられない
だって「今」を生きているんだから
「昔なんて関係ないじゃん」

ある意味 これはアメリカがもたらした
マイナスの影響ですね
アメリカには歴史がない
だからアメリカは「今」と「未来」ばかりを見たがる
そして個人の権利を強調する

別に「昔はよかった」などという話をしたいわけではありません
私は「今」をしっかり受け止め
ここからどこへ向かうかを決めていく生き方は全うである
そう思っています
ましてや「昔にすがる」など愚の骨頂
そう考えています
それに「群れ」なきゃ何も出来ないヤツらより
ひとりで自分としてしっかりと立てる人がすばらしい
そういう風にも思います

アメリカを否定などしません
アメリカ大好きです

では何が言いたいのか?

日本人の血に刻まれた「美しいもの」
それを見つめてみようじゃないか
そして父であるアメリカナイズを合わせて生きようじゃないか
日本にはありがたいことに「伝統」がある
「この地に育まれた文化」がある
それを繋いできた祖先から先代の皆に感謝
今を生かされていることに感謝
今日を生きていることに感謝
自分を常に支えてくれている存在に感謝
そう日本人の誇りは「感謝の心」なのだと思うのですよ

この国固有の「神道」を考えてみればそれがわかります
日本人はそこにあるすべてを神と感じていたのです

だから謙虚でまじめで「信」を通して
やさしく強く生きてこれたのです

1945から遠く飛び立った2007
私達はこれからどこへ向かうのでしょう?
それを決められるのは 
私達でしかないのですね

久々なのに
今日は説教じみてしまいました
失礼いたしました



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Blood Line

2007-09-01 19:53:48 | Weblog
長らく休養してしまいましたが
またまたコメント再開です
皆様 またしても「酒飲み話」におつきあい頂けるとうれしいです
今後とも宜しくお願いいたします

さてここからは「FATHER'S SUN」
以前にも描いたように
「大人」視点の浜田省吾さんの曲になっていく
私はそんな風に思っております

そのはじめが「Blood Line」

1945年 日本はある意味革命が起きたと思います
大戦に敗北し 国はめちゃめちゃに焼焦げてしまい
どうしていいものかわからなくなってしまった日本
そこへアメリカがペリーの時以上の力を持って
有無もいわさずこの国に土足であがってきた
そして自分たちの文化を強引に根付かせようとしはじめる
それは「民主主義」という新しい風も吹き込んでくれたが
それまでの日本人の価値観を踏みにじったという側面も否定できない
「東京裁判」などそれを象徴するような出来事ではなかろうか?

日本には昔から流れる伝統や文化には「大陸」からの風があったと思います
それがひとつのブラッドライン(絆とでも言えばいいのでしょうか?)
そして1945年 アメリカからもたらされたもうひとつのブラッドライン

浜省が何かのインタビューで言っていましたね
  
  現代の若者って 言ってみれば「文化的な私生児」だと思う
  日本には大陸(中国)文化という母親がいてそこに
  アメリカが強引に押しかけてきて 自分たちの文化を承伏させた
  その後の日本で生まれ育った俺たちは
  アジア人だけどそう感じている人って少ないんじゃないのかな?
  いわば「アメリカ」という父親の背中をずっと追いかけて生きている
  そういう感じがします

かなり納得してしまったのは私だけでしょうか?

日本文化って何でしょうね
今の日本は日本文化の上に成り立っているのでしょうか?

別にアメリカイズムを否定などしません
私だってアメリカイズムの中で生きているひとりであることに
なんの疑問も持っていないひとりです

ただ従来の日本の「いいもの」にもっと関心をもって
取り入れて生きていくならもっと豊かな人生になるのでは
と思いはじめています

  みなよ 街行くヤツらを
  まるでWASPだぜ
  クールにキメ Like a NewYork Style

  犯されたSINCE'45
  生まれて詰め込んだ
  大量のジャンクフードとアメリカンパイ

  Kids Looking for Father
母親には 愛し方さえわからず
  みつけてもFather 戸惑うだけ
  
  幻を背負うロックスター!

かなりはしょってますが
ここらへんのフレーズがこの歌のメインかな~
と思っております

日本人てどこに「誇り」を持って生きていくのでしょうかね~

それでも私は「日本人」であることがうれしいのですけどね

ちなみに浜田省吾さんはよくBスプリングスティーンと似ている
と言われていた時期がありました
私の中ではこの「Blood Line」が
一番スプリングスティーンぽいと感じております

曲調といい 歌う内容といい・・・

余談でありました


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

SNOW ON THE ROOF

2007-08-01 19:07:34 | Weblog
このアルバムは思うに
あるクリスマスイブの夜に
同時進行している5つの物語を曲にしているのだと思います

ある曲は雪深い地方都市に暮らす二人の夜
ある曲は雪がちらほらと舞う街での若者の夜
ある曲は成田空港での夜
ある曲はきっと都心での二人の夜
そしてこの曲はやはりとある雪国にくらす家族の夜
どうやらこの日はとてもめずらしいことに
日本全国雪模様のクリスマスだったようですね 笑

他の曲は「ふたり=恋人同士」ですが
この曲は「ふたり=夫婦」ですね
そしてもうひとつ違うのが
歌っているのが浜省ではなく町支寛二さんなのですよね~!
しかも声が浜省に似てるんですよね!
最初のうちは「えっ!これ本当に町支さん?」って感じでしたからね

家族での楽しいクリスマスを過ごしたあと
子供たちは先におやすみモードに入り
夫婦ふたりで余韻を楽しんでいる様子ですね

  何もいらないんだぜ 高価なプレゼントなんて
  君が俺にとって最高の贈り物さ!

いつまでもこう言える「夫」でありたいですね
今のところ私はそう言えています 笑

私のクリスマスの思い出として今でも強く残っているのは
「子供のころ家族で過ごした幸せな夜」なのです

だからこの曲が「クリスマスソング」としては
他の4曲に比べもっとも「イメージに近い」ものですね

クリスマスというと「恋人たちのためのイベント」という感じですが
私はこの「家族で過ごす日」という1日でありたい
そう願います



(次の「センチメンタルクリスマス」は原曲で取り上げているので
 このアルバムについてはこの曲までとさせていただきます)




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

MIDNIGHT FLIGHT

2007-07-30 17:55:43 | Weblog
イントロの出だしの
  ジャジャジャ~ン ジャ~ン ジャンジャン
ここを聴いただけで
「あっ この曲はいい曲だ!」
って思えましたね

この歌は浜省のレギュラーアルバムでも
まったく普通に入ってても自然な曲ですよね
聴き応えがあるというかダイナミックなアレンジというか・・・
この歌だけ「遊んで」ない気がします

 あの娘 乗せた翼 夜空へ消えてく・・・
 空港の駐車場 もう人影もない

 行くなと引き止めれば 今頃ふたり
 高速を都心へと 走っていたはず

 なくしたものがあまりに大きすぎて
 傷みも感じることさえもできないままさ・・・


 ここから何処へ行こう・・・
 もう何もみえない空の下・・・


なんか泣けてきちゃいませんか?
背景はともかく こういう別れ方ってありますよね
「気持ちがいたいのかどうかもわからない
 相手を嫌いになったわけでも嫌われたわけでもない
 なのに結果としての現実はこうなってしまっている・・・
 泣きたいわけではない
 ただ心に風穴でも空いたみたいにむなしい」
こんな感じでしょうか?


  形のない愛だけを信じてきたあなたは
  本気で愛すること 怖れてるだけ・・・

そうかもしれませんね
  
  気持ちさえ通じ合えているなら
  お互いは自然でいればそれで大丈夫
 
  それは たしかにすばらしいしそうあることが
  一番いいですよね
  けどやはり「愛」を持続させるには「努力」も必要です
  相手をわかっている・・・
  その気になっているだけではないですか?
  今 そこにいる相手を正面から見つめていますか?
  今のあなたを教えてくれと相手に聞いていたりしてますか?
  それとも相手の答えが「自分が知っている相手」とは
  違っていたら怖くて聞けませんか?

この歌でニューヨークへ向かった彼女は
そういうことを言っていたのではないかと思いますね

クリスマスの夜は

   誰も皆 愛する人の待つ場所へと帰ってゆく

けれどこの彼は

   ポケットの中あの娘に贈ろうとしたゴールデンリング
   今でも手のひらに握り締めたまま
   ひとりぼっちのクリスマスイブ
   凍えそうなサイレントナイト
   もう守るものなんて見つけられない
   なにひとつ・・・

なのです

なんとなく山下達郎さんのクリスマスイブですね

皆さんもクリスマスに向けて 
愛する人を大切に見つめていてくださいね

まだ夏ですがあと5ヶ月もないですからね 笑




 
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

SNOWBOUND PARTY

2007-07-29 10:28:48 | Weblog
この歌 
誤解を恐れず言うなら
「女の子をナンパしてパーティーに誘った」歌です(笑)
けどまったくイヤミがない・・・というか
下心を感じない???・・・というか(ホントかな~?)
とにかく「男の子がかわいらしく思える」歌になっています

クリスマスだからこういう出会いもありかな?
楽しくいこうぜ!ってところでしょうか

まあパーティーの後はこの彼女は
名残惜しそうにしている彼を尻目に
ひとりどこかに帰っていってしまうのですが・・・
きっと彼はこの後もずっと一緒にいたかったのでしょうね
ひと時だけの 今だけの「恋人同士」を演じたふたり
どうやら彼女のほうがオトナだったみたいです

私も若いころはクリスマスはひとりで過ごしてましたね
当時横浜に住んでいましたが
クリスマスの日は街はかなり人がいっぱいになります
もちろんそれなりの雰囲気を見事に作り上げる街ですから
当然といえば当然なのですが・・・

私も仕事が片付いて家路をたどるのですが
この日は渋滞もしていてなかなか家に帰り着かないし
ひとりとはいえやはりまっすぐ帰りたくはないのですよね
それで街をアテもなくさまよったりするのです

そんなあるクリスマス
私はひとりマック(関西風に言うならマクド)に入りました
コーヒーとチーズバーガーを注文して席につくと
斜め前の窓側の席にきれいな女性がひとり
コーヒーを飲みながら外をぼんやり眺めていたのですね
「待ち合わせかな・・・?」とも思いましたが
どうやらそんな雰囲気でもないし・・・
そこで私の中で
「『さよならゲーム』のビデオクリップ」状態が始まるわけですよ
観た事ない方はとりあえず観て見てくださいな
けっこうほほえましく笑えますから
   ↓ ↓
「さよならゲーム」  

いろいろなパターンでの「想定」を考えるわけですよ
ただね どうしても「実行」にうつす度胸がでずに・・・
結局結末もビデオクリップ通りで「ちゃんちゃん!」で
また寂しいクリスマスナイトをすごしたわけですけれど

どうということないことなのですが
もう20年近く経つ今でも鮮明に覚えているクリスマスですね
あの時もし声をかけていたら今の人生とは違う道を行ったのかな?
いずれにしても「過ぎた思い出」です(笑)

ところでこの曲
浜省のモータウンスピリットが見え隠れしてますね
このメロディーが 一応作曲も浜省になっているかと思うのですが
たしかドリフターズ(ババンバ バンバンバン~・・・ではありませんよ)
の曲だったかな・・・
メロディーが瓜二つ・・・というよりほぼ同じなのですね
彼が自分のルーツに繋がる音楽に敬意を表し
意図的にそうしたのかもしれませんね
こんな音楽が好きで聴いてきて今の自分があるんだよって意味でですね
あるいは本当に無意識でこうなのだとしたら
すごい偶然ですね
まさしく身体にしみついている音楽ということですよね

理由はどうあれ
この曲をはじめこのアルバムを聴いてわかるように
浜省はけしてR&Rやポップだけではなく
モータウンサウンドも愛してやまない人だということでしょうね





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

CHAMPAGNE NIGHT

2007-07-24 01:46:38 | Weblog
「集大成」アルバム「J.BOY」が過ぎ
ここからは「CLUB SNOWBOUND」です

このアルバムは私的なイメージでは
ON THE ROADの最中の「パーキングエリア」
というところです

この次の「FATHER'S SUN」
そこからは「大人の視点」でのR&Rになっていくのですが
そこへ行く前の「小休止」なのかな?

浜省も言っています
「ビートルズ以前のアメリカンポップ
 俺は大好きで子供の頃いつも聴いていた
 けどそれを本来のオリジナルアルバムでやるのは
 ちょっと気恥ずかしさがあったんだ
 このクリスマスアルバムは番外編のようなものでもあるから
 思い切り『遊び心』で楽しみたいんだ」
そう このアルバムには「メッセージ性」などという
「堅い話」はありません
ひたすらゴキゲンなポップチューンサウンドで
それこそはやりのJ・ポップとは一線を画した
ちょっとオールドアメリカンポップカラーを現代センスで
アレンジして楽しんでいるといった感じですね

さてこの「CHAMPAGNE NIGHT」ですが
浜省得意のアカペラです
スローな曲をアカペラで しかもそこに
リバーブ(エコー)を深くかけて雰囲気を出していますね
何の雰囲気か?

深い雪に包まれた夜
それこそ外出困難なくらいではないでしょうか?
外はまだ吹雪いていてかなり寒い夜なのでしょう
けれどこの部屋はそれとは真逆なくらい
静かで暖かい
それは暖房機のせいだけではない
君とふたりでいる
君を近くに感じられる「心のぬくもり」があるから
今夜はふたりきりで朝までいよう
古いレコードでも聴きながら君とふたりの夜に「乾杯」
という雰囲気ですね

浜省&ヒューズのみんなでこの雰囲気を創り上げているというのも
また「暖かさ」を感じるわけですよ

その肉声・チームワークに浜省とメンバーのつながり
ひいては人と人のつながりを感じられるからかもしれませんね

暖かい曲です

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

夕景~滑走路

2007-07-18 22:46:36 | Weblog
アルバム「J.BOY」のラストを飾る・・・
というか おまけ的な色が強いですかね?
けどいい曲ですよね

J.BOYがかなり力が入って聴きこむ曲だけに
この曲は心を「ほぐしてくれる」ようなイメージですね
海に入った後の温水シャワーみたいな(笑)

短いインストロメンタルです
きれいでやさしいギターのラインが心地よいです
目を閉じながら聴いてみると
 淡い夕焼けをバックに滑空していくジェット機
 羽にキラリと陽光があたって輝いている
 そして次第に遠くへ消えてゆく
そんな風景が見えてきますよ!

ちょっとリラックスしたいな~ってときに
何も考えずにほわ~んと聴いてると
いいかも!です
 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加