p.himapa Photo Gallery

実はMaintitle「p.himapaのたわごと」です。

nichia219 AAAライト比較

2015-11-15 21:29:19 | ライト Flashlights
日亜219の高演色LEDを搭載したAAAライトの比較です。

左からBeta-QRD25AAAMiX6 Tiです。
大きさは、Beta-QRが一番大きく、D25AAAが一番短いですが、MiX6 Tiが一番径が細いです。

光は、下の比較の通りで、



大きい画像。クリックしてください。


照射範囲は、Beta-QRとD25AAAがほぼ同じに見えますが、D25AAAは輪郭があいまいで、目視では、距離35cmでBeta-QRが径約58cm、D25AAAが径約52cmです。
これに対し、MiX6 Tiの照射範囲が一番狭く、距離35cmで径約47-49cmです。
ホットスポットは、Beta-QRが一番はっきりしていて、サイドスピルとの差が大きく、D25AAA、MiX6 Tiの順にサイドスピルとの堺が曖昧となり、全体を明るく照らします。

Beta-QRはサイドスピルが暗いですが、照射範囲は広く、広く見渡すことができます。
一方、MiX6 Tiは光が当たっているところは全体を比較的明るく照らして見やすいですが、照射範囲が狭いため、周りが見づらいです。
どちらがより見やすいと感じるかは、好みと対象物によって異なるように思います。

ちなみにデータ上の明るさは、
Beta-QR:Low/15lm-4h、High/60lm-1h
D25AAA:??
MiX6 Ti:Mid:約22lm (5.7 hours) >> Low:約2lm (66 hours) >> High :約80lm(70 minutes) >>Strobe (High) (2.3 hrs)

明るさの切り替えは、Beta-QRはLow→High、D25AAAはLow→Mid→High、MiX6 TiはMid→Low→Highの順です。
ジャンル:
その他
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ライブの写真 | トップ | 明治村 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
219 1AAAs (森のなかま)
2015-11-15 23:20:00
移り変わりの早いライト業界のなかでMix6Tiはずいぶんおじいちゃん格ですが、明るさやランタイムも含めて今でも一線級の1AAAかと思います。

Beta-QRのLow, Mix6TiのMidどちらも一発目で程よい明るさが得られるのも何気に使いやすいのかもしれません。

よく出来たライトたち。これに219が載っているんだからなぁ。

お返事 (ひまぱのぱ(p.himapa))
2015-11-16 22:04:53
どれも良くできたライトですが、一長一短があるんですよね。
気になるところは、
Beta-QR:サイドスピルがもう少し明るく。本体がさらに小さく。
D25AAA:マグネットはいらない。Midから点灯がいいな。
MiX6 Ti:照射範囲がもう少し広いといいな。ろうそく立てができると良い。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。