歯科心身症

1999年、歯科心身症を発症して。

nimonimo0148さま

2017-07-07 21:28:54 | 日記
nimonimo0148さま

ブログで拝読しました。
やはり吞気症でしたか!(と、断言していいものやら分かりませぬが)

確執のある親との交流はストレスですよね……。
私も実家に帰ると具合が悪くなっていたものです。
とくに父と接すると一週間くらい、おかしくなっていた感じ。


歯科心身症がいちばんひどい時、そんな仕組みも無自覚のまま、実家に少し滞在したら、母が私と同じようにダウナーになって、帰り際には、
「もうしばらく来ないで頂戴」
などと言われたものです。

私は父が元凶かと思っていましたが、
親友によれば、真犯人は母親だと言われたこともあり、色々思うところは多々です。
仲良くできればそれに越したことはないのですが……。





世の中には、ふだん、親のことなんか全然気にしない、考えもしない、という人もいて(→夫がそれ)、
そのくらい意識しないで済む、
子に罪悪感を持たさずに済むように育てることのできた親というのは立派だなぁ、羨ましいなぁと思う反面、
そういう「健全な」親子関係というのがあまりに遠い存在で、想像しにくくもあるという悲しさ……。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 吞気症 | トップ | 暑い…… »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。