歯科心身症

1999年、歯科心身症を発症して。

減薬(追記あり→nimonimo0148さまへ)

2017-06-29 13:22:57 | 日記
nimonimo0148さまのブログ、読んで、痛々しくて心配になってしまいました。
SSRIは処方されたことはないのだろうか?
でもnimonimo0148さんのブログよむ限り、精神状態はそんなにひどくないから、SSRIのむほどではないのかもですね。


難しい……
私の時は、精神症状もひどくて、SSRIのんで二週間くらいほとんど寝込んでも、その前も寝込んだりしてたから、別によかったけれど、あれは、相当ひどい状態でのまないと、副作用だけが気になる可能性ありますものね。


ソラナックスとかも、痛い時だけ、のんでた感じだったけれど、そういうのも効かないんだろうか。
ひょっとしてホルモン関係だとすると、漢方薬の女性ホルモンをととのえる系が効くかもしれない……と、素人ながら、いろいろ考えさせられました。


きっと閉経すれば良くなるよ……といっても、閉経までまだ何年かあるだろうし……。
少しずつでも良くなるといいですね。
そして、減薬は徐々にしたほうがいいですね。
とにかく、これのんでると安心! ていう薬があれば、それをのんでればいいと思いますよ。
家事だって、もっとテキトーでもいいと思う。
あと、ペットはオススメです。
18年前、歯科心身症を発症し、翌年、猫を飼い始めたんですが、どれほど救いになったことか。

そのタマも去年の9/9、死んでしまいましたが。
タマの弟分のポロが、いま16歳で元気に生きてます。
犬のシバも。
でも犬はほんとに散歩が大変で、旅行もできないから、オススメはしませんが。



(追記)
nimoさん(と、勝手に略称)もSSRI(ジェイゾロフト)のんでらしたのですね。
ジェイゾロフトは、パキシルなんかと違って、副作用がゆるかった記憶あります。
そしていまは、SNRIなのですね。
サインバルタは、私のころはなかった薬ですが、
その後、歯科心身症には、医科歯科でもサインバルタが処方されてて、かなり効くと聞いたことあります。
この薬が、メインで、あとは付随的な薬ですね。


サインバルタ、はじめ処方されていったんほかのになってまた戻ったのですね。
効きますように。




ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 薬のことなど(追記あり) | トップ | ストレスと頭痛と歯痛(昨日は... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。