ニュース大好き

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
スポーツ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

小平奈緒今季500m11連勝 清水氏「F1カー」

2017-02-22 11:33:09 | 日記
小平奈緒今季500m11連勝 清水氏「F1カー」


<札幌冬季アジア大会:スピードスケート>◇21日◇北海道帯広市・明治北海道十勝オーバル◇女子500、1500メートル、団体追い抜き、男子1000メートル

スピードスケート女子500メートルで、小平奈緒(30=相沢病院)が、

自身の国内最高記録を0秒31更新する37秒39の大会新記録で優勝し、

20日の1000メートルに続き、2冠を達成した。

同組の五輪2連覇中の李相花(27=韓国)に0秒31差をつけて今季6連勝。

今季500メートルは国内外の11レースで全勝と圧倒的な強さを見せている。

女子1500メートルは高木美帆(22)が前日の3000メートルに続いて優勝するなど、

スピードスケートは日本勢がこの日の4種目を全て制した。

 定位置は譲らない。五輪連覇中の李と同組の500メートル。

小平はスタートに失敗し、最初の100メートルでスタートが得意なライバルに100分の8秒先行を許す。

昨季までなら致命的なミスだが、今季出場レース全勝の30歳に動揺はない。

 「コーナーの加速で挽回できる自信があった」と最終カーブで逆転し、0秒31差で振り切った。

自身の国内(リンク)最高を0秒31更新する大会新の37秒39に「国内で37秒前半はなかった。1つ壁をぶち破ることができた」。

連戦の疲労もあり「体の状態は80%」の状態で圧倒的な強さを証明した。

 今季500メートルは国内外の出場11レースで全勝。李には6連勝。

無敵だが、本人は「相手に勝つことより、自分のレース内容を重視。順位は意識しない」と素っ気ない。

「次に目指すものが頭にある。常に前向きなのでプレッシャーはない」と、すべては平昌五輪への通過点にすぎない。

 レースを見守った長野五輪男子500メートル金メダリストの清水宏保氏は「余裕がある。たたずまいから女王の雰囲気が出ている」と驚くように言った。

技術面の進化にも注目し「バランスが変わった。低姿勢を持続し、カーブでも安定している」と証言。

例えたのが自動車。フロントエンジンの車から、運転席の後ろにエンジンのあるF1カーに変わったような感じだという。

「メダルは確実の位置。何色かは来季次第」と、日本女子初の五輪金メダルを期待した。

 休む間もなく今日22日には、世界スプリント選手権(25、26日)の開催地カナダ・カルガリーに移動する。

500メートル、1000メートルを2度ずつ滑って争うが、ライバルの李は欠場するため、日本女子初の総合優勝が有力視される。

高速リンクで狙うは日本女子初の36秒台。「どんな数字が見られるかを意識して、自分のスケートをしたい」。

敵は己の中にしかいない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 錦織が再出発 全豪VSフェデ... | トップ | 白鵬、日馬富士9連勝、高安... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。