ぽぽぐち日記

東京から札幌へ引っ越しました。

知らなきゃソンする?ドライトマトの作り方

2010-08-19 07:01:35 | レシピ
この時期に欠かせない保存食作り。
それがドライトマト。
もう作り始めて5年くらいになるかなぁ。。

でも、その辺でフツーに売っているトマトぢゃ駄目なの。

作るなら、加熱用トマト、サンマルツァーノ種が断然オススメ!!
ぽぽぐちは毎年蓼科の山荘付近の直売所で買い漁るのだけど、
どうも人気がないらしく、いつも売れ残っているの。
競争率がないのはいいけど、売れないから年々生産者が減っていて、
今年はあまり手に入らなかった・・・・・

一昨年くらいに生産者を見つけたので
「箱で欲しい」と言ったら、「私も欲しいくらい!」と
よくわからない返事を戴いた。

そう、このトマト、欲しい人は大量に欲しいのよ、
5キロくらい、ドーーーンと。

なので、ぽぽぐちは山荘付近でたんまり買った後、
更にネットで探して箱買いします。
今年もそろそろお取り寄せしようかな~。


さて、本題、ぽぽぐち流の作り方。

トマトは、買ったなかでも、小振りのものを選びます。
(大きいのは乾燥がタイヘンなのでソースにします。)

まず、トマトを縦に半分に切り、ざるなどに並べます。
その後、万遍なく塩をふります。
お肉を焼く時にふるくらいの量かな?
(一番上の画像ね)


しばらく置いて、水分が浮き出てきたら、
キッチンペーパーを敷いたざるに返します。
この時、浮いた水分を振って捨ててから置くと尚よろしい。


もう一度ペーパーを取り替えて、
水分をよーく吸い取ってもらったら、天日干し。
ただし、これは風がなくて、虫もカラスも来ない状況でね。
まぁ、この行程はやらず、いきなりオーブンでも大丈夫。
ぽぽぐちは1日だけ干します。
最後まで干すには東京の湿気は向かないかもね~。



そして、120℃のオーブンで焼きます。
大きさにもよるけど、2時間くらいかかるかな~。
ぽぽぐちは種を取らないので時間がかかるけど、
急ぐ人は種を取ると、半分くらいの時間ですみますよ~。

焦げないように、こまめにチェックしてね。


ぽぽぐちはカリカリに乾燥させず、
セミドライくらいにしておきます。



トマトを冷ましている間に漬けるオイルを作ります。
EXVオリーブオイル、にんにく、アンチョビ、ケッパー、
お好みで生のバジルかオレガノを全てみじん切りにしたものを
混ぜるだけ。


よく、和えて。。。。。


熱湯消毒した瓶に詰めてできあがり。
ざる2枚分あったトマトが瓶にすっぽり。

このとき、トマトが全部隠れるように油を入れておく事。
出ていると、カビが生えるからね~。
冷蔵庫で保管してかびなければ数ヶ月は大丈夫。
(あ、でも、自己責任でよろしくね~)

にんにくがなじむまで、1日以上置いたら食べられます。
にんにくがキツいなぁ、と思ったら、
ニンニクのスライスを揚げた後のEXVオリーブオイルを使うといいよ。
揚げたスライスはサラダなどに重宝するよね。


最近はスーパーなどでイタリアのオイル漬けなどが売っているけど、
ぜーーーーったい自分で作った方が美味しい!
手間はかかるけど、その価値ありだよ!!

前にも言ったけど、バゲットに、ゴルゴンゾーラと生ハムと
このドライトマトを載せたの、めっちゃくっちゃ美味しいんだよ!!!
他には、パスタに和えたり、お肉や魚介と炒めてもいいし、
そのまま食べておつまみに!


娘や娘のお友達も大好きで、
娘は食パンにぎっしり並べてサンドイッチにして食べます。
(ああ、あんなに苦労して作ったのに、
たくさん、一気に減って行く~

まぁ、喜んで食べてくれるのは嬉しいんだけどね。


ドライにした状態で冷凍保存して、
食べたくなったら自然解凍してオイルにつければ、
一年中食べられるよ~。

今年はまだ3瓶しか出来てない。
しかも1瓶はもう無くなりそう・・・
さーて、今年は何処からトマトを買おうかな~。

本当はドライトマト用の品種(ボルゲーゼ)があるんだけど、
なかなか売ってないのよね~。
ああ、畑が欲しいわぁ~。
『今日の献立』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マダム・ルナイーさんと山荘... | トップ | ルバーブのタルト作りとゆう... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。