スタッフの日記

西淀川子どもセンターでの日々の様子です。

野外キャンプを実施しました。【1日目】

2016-10-12 13:54:20 | イベント

更新が遅くなり、すみません。

9月18日(日)、19日(祝・月)に、一泊二日のキャンプを実施しました。

子ども12人と、スタッフ9人が参加しました。

場所は、京都府京田辺市の竜王子どもの王国です。

集合時間より30分も早く来る子どももいれば、
前日になかなか寝つけなかった子どももいました。
それぞれの思いを抱えながら、キャンプに参加します。



天気はあいにくの小雨。
ひとりひとりが、どんなキャンプを作っていくのでしょうか...?



到着後、まずは開村式です。
キャンプ場の指導員さんから施設の使い方を聞いたり、
今回のキャンプのテーマソング「勇気100%」を歌いました。



さぁ、お昼ごはんを作ろう!
メニューは焼きそばです。



今回のキャンプでは、2グループに分かれて活動をしました。



チーム「真・新撰組」はソース焼きそば、チーム「あきちゃんず」は塩焼きそばの調理を担当。



食事では、両チームの味を堪能☆

その後屋内で、体を使ったゲーム「王さんとり」とスタッフ考案の「謎解き」をしました。



ゲームを通じて、チームの結束力を強めていきます。

活動中は、マイペースに折り紙をする子どもも。



ゲームの後は、晩に行うキャンプファイヤーの出し物を考えたり、子ども同士で遊んだり。



さて、夕方になりました。
チーム同士協力して、1つの大鍋で晩ごはんのカレーライスを作ります。




魔女のように、大鍋をかき混ぜる姿も!?
大人数のグループより、2-3人の中で活躍する子ども、
仕事を頼まれたら一生懸命がんばる子ども、
活動の中で、どの子どもも、それぞれの輝きを見せてくれました。



みんなで作ったカレーライスは、とびきりの味がしました!

さぁ、次はお待ちかねのキャンプファイヤー!・・・の予定でしたが、雨天のため、キャンドルファイヤーに変更。



火の神が来て、キャンドルに火をつけていきます。



「真・新撰組」はなんでもクイズ&ジェスチャークイズ、「あきちゃんず」は山手線ゲームを披露してくれました。



スタッフからも、歌やゲームの出し物がありました。

中学生と高校生の子どもは、年下の子どもに「一緒にやろう!」「話聞きやー!」と、お兄さん・お姉さんの一面も見せてくれました。

最後には、1人ずつキャンドルに息を吹きかけて、火を消していきます。
みんなきっと、特別な夜に、特別な思いを抱えていたはず。

夜も更け、就寝時間に。
男女に分かれ、バンガローに泊まります。



日常から離れ、自然の中にどっぷりと身を浸した子どもたち。
子ども同士のやりとりも多く見られました。また、普段の生活では見られない面を、みんなが見せてくれました。

明日はどんな1日になるのかな..?
【2日目】に続きます。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子ども講座「声優へのあこがれ」 | トップ | 野外キャンプを実施しました... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL