木工挽物という仕事

基本的には時代遅れの仕事

正反対の位置にいるブログから発信してみます

家紋

2017-04-17 23:45:12 | 家族
僕の部屋のタンスの片隅に着物が2・3枚残っていた
その中の一枚
息子が生まれた時に作ってもらった一枚のようだった
「見てみるよ 良さそうだったらネットで売れるかもしれないし」
そう言って持って行ったみぃが今日
「これはいい物だから、ユウスケ君に見せた方がいいかも
生地もいいし紋までしっかり入ってるから」




というわけで一時留め置きとなりました

丸に並び桐竹


そんな名前の家紋です
普段はあまり意識することはありませんけど
お墓の前に立つと墓石に刻んであることに気付きます
知らぬ間にご先祖の血を受け継いで知らぬ間に子供たちに受け渡す
そんな役目を担えたことに微かではあるが確かな充実感を頂きました。




https://blog.with2.net/link/?1908588

ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本丸陥落 | トップ | モンスター加山 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
これはずっと受け継がなきゃね (あんじー)
2017-04-18 01:37:46
これは、見事な刺繍だし、いいものだね!
代々受け継いでいってくれたら…と思う。さすが名古屋!豪華〜
家紋か。うちもあるらしいけど、あんまり意識したことなかったからな。今度聞いてみようっと。
保留して正解ですね。(笑) (masamikeitas)
2017-04-18 05:31:58
かっつん、おはようございます。

>「これはいい物だから、ユウスケ君に見せた方がいいかも
生地もいいし紋までしっかり入ってるから」

保留して正解ですね。(笑)
ご子息の意見を訊いてからで処分を決められた方が良いと思います。

家紋って必要な時がありますね。
うちは、お袋の写真に家紋のイラストを貼り付けています。
家紋の名前は知りませんが、業者さんに見せれば分かるでしょう。(笑)
ほンと! (七子)
2017-04-18 06:26:57
素敵ですね〜〜♪
うちの娘の時ヮ アタシが着たモノでしたよぉー。
そいぇば!アタシの留袖とか風呂敷とか袱紗とかあらゆるモノに前の旦那の家の紋やら名字が入ってるのよね…
留袖ヮ 結納で頂ぃたモノなので 離婚の時に置ぃてこなきゃいけなかったみたひ…プ!
失敗したッー。どぅせ 前の旦那の家の紋が入ってたらこの先着れるコトないのに〜〜
てか…置ぃてきても別れた嫁のモノなンて 誰も着なぃだろーケド。
お節介ですが・・・ (団塊おやじ)
2017-04-18 08:58:09

家紋、小生も普段は気に留めることのない紋章ですね、
確かに、お墓参りの時に、“我が家の家紋”と
認識するぐらいです。この家紋もオヤジの代で
途絶えますが・・・

かっつんさんの作品の「印鑑入」を見ながら
思ったのですが、
製品すべてに

[丸に並び桐竹]の刻印を付けて、
 “ かっつんブランド” なるものにするもの一興ですぞ(笑)


Unknown (かずちゃん)
2017-04-18 10:03:07
これは残しておいたほうがいいですね
ユウスケくんのところに男の子が生まれたら着せてあげられるし・・・

いいものはできれば代々受け継いで行けたら、それが一番いいですよね

みぃさんはちゃんと取捨選択をうまくしてくださってますね。
10円玉のときもすごく感心しました
あんちゃん (かっつん)
2017-04-18 18:22:36
さっき写真を見せてやったんですけど、自分に息子が出来たら使おうと言ってました
あんちゃんちは立派な家紋ありそうだなぁ
実家から持ってくる留袖とか喪服とかは実家の家紋を付けるって聞いたことあるけど
省略だったんだ
いろいろあったからねぇ(笑)
masaやん (かっつん)
2017-04-18 18:23:06
男の子が生まれたら使うって言ってました
ここだけの話、息子は生まれそうな気がしてるんですけどねぇ
それでも複数生まれても一人しか子孫を残せない
祖父母もおやじとその上に長男がいましたが戦死
おやじには僕と弟がいましたが弟は病死
僕にも息子の下に生まれた二男は未熟児で生まれて育ちませんでした
息子には一人息子がいましたが離婚で会えず・・
男の子一人は生まれると思っています「女の子も一人は・・・

家紋はネットで探せば見つかると思います
大まかな分類がわかっていれば難しくないと思います
藤だとか葵だとか桐だとか
七ちゃん (かっつん)
2017-04-18 18:23:44
その話微妙だね
よく言われるのが実家の家紋を付けて嫁入り道具でも持ってくるとか
結婚してから作っても実家の紋を入れるとかね
実家のだったら今でも使えるのに惜しいことしたよね
その土地によっていろんな風習があって、嫁ぎ先の家紋を付けるのが普通だったり
旦那と嫁の家紋が同じでは嫁の実家の格式が問われる って場合もあるとか
いまはそんなこと言わなくなってきたんだろうけどね

元旦那の家の紋ってのはやっぱダメだよね
そこだけ入れ直し出来んのかな?

大丈夫みたいだよ
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13108615943
やりなよ
団塊おやじ様 (かっつん)
2017-04-18 18:24:46
最後の一行書くときに 僕の文章で誰かを傷つけないか考えたんですけどね
もし掠りましたらなにとぞご容赦を


作品に家紋ですか?
実は何かを付けたいとは思っています
焼印とか転写とか
実はこの前お会いした植物を入れるポットを注文してくださった方が
トヨタ関係のプラスティックの会社をされてていろんなものに挑戦中
そのなかのひとつに「転写」というのがありまして
安価でロゴやイラストを入れますよ って言ってくれたんですけどね

家紋は考えてなかったです
でも僕の家紋を押しつけるのはちょいと無理じゃないですかねぇ(笑)
かずちゃん (かっつん)
2017-04-18 18:25:18
一応息子とも話しましたし、その方向で進めていこうと思います
今度小2になった息子の息子の時はこれに気付いてなかったんで何にも出来ませんでした
じいちゃん失格でした
次の機会があれば 今度こそ(笑)

みぃはいらんものどんどん捨てますけど、時々「えっ? そんなもの持ってるの?」と思わされます
ま、今回はHONDAのツナギですね(笑)
30年近く前の衣装ですから
しかもそれを着れるってのもなかなかです
僕なら無理かな? ツナギならゆったりしてるからいいんかな?(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。