木工挽物という仕事

基本的には時代遅れの仕事

正反対の位置にいるブログから発信してみます

100年インタビュー

2017-04-04 23:29:11 | 音楽
NHKの100年インタビュー 小田和正 を見た
一時間半のロングインタビュー
今年70歳になるとは信じられない見た目と声
世にはばかる(?)アーティストの中でも出色の出来栄えです
60代半ばの中島みゆきと共に男女の双璧だと僕は思う
普通ある程度の年になれば次の世代に渡したれよ と思うのだが
この二人に関しては今もまだ完全なる現役選手だ
昔のままのキーで歌ってるとか

売れる前の話で印象的だったのは・・・
オフコースの事務所にはかぐや姫もいて
同じコンサートで歌うことも多かったという
当然オスコースが前座でトリがかぐや姫
「もう最後の曲になりました」と小田さんが言うとパチパチパチパチと拍手が来る
俺らも少しは人気が出てきたのかと一瞬思ったのだが
この拍手はやっとかぐや姫が聴ける ああうれしい の拍手だと分かった 
切ない話です
誰でも認められる前の話はあるのだろうがそのまま終わる人もあれば、その時の悔しさを乗り越える人もいる
サクセスストーリーは見る者の心身に優しい(笑)

勿論この話の中には暗い部分もあった
東日本大震災の話も
そういうときのアーティストの心構えはそれぞれなのだろうが
間違いないのはその人たちは自分でも気づかないくらいの大きな力を持っているという事だ
いやひょっとしたら僕たち凡人にも同じ力が与えられてるのかもしれない
そんなことをふと思ったインタビューでした


オフコースツアー As Close As Possible
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 同窓会会報 | トップ | 肉球 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
昔のキーで歌えなくなったら (masamikeitas)
2017-04-05 05:01:09
かっつん、おはようございます。

>昔のままのキーで歌ってるとか

小田さんのファンになったのは10年前ぐらいですので、オフコース時代の小田さんはほとんど知らないです。動画は1時間ちょっとありましたので後で拝見します。
衛星放送をつけていないので、このインタビューは見ていないです。残念!
昔のキーで歌えなくなったら引退するという話は、このインタビューの一部を地上波で放送した時に聞いたかもです。
小田さんのツァーは5回?ほど観ていますが、声も体力も衰えていません。
未だに走りながら歌っても息が切れないのです。
鍛えているなぁと感心します。
後 小田さんのツァーの良いところは,昔懐かしい歌を必ず歌われることです。
歌手によっては昔の歌をほとんど歌われない方もいらっしゃいます。
こちらは昔の歌を聴きに行っているのに、何か勘違いされている。
小田さんは昔の歌も新しい歌も歌われる、ファンの気持ちがわかっていますね。(笑)
来年も全国ツァーがあるといいんですが。
この若い小田さんが同じ同級生とは信じられないです。(苦笑)
多少 小田さんの方が誕生日が後ですが。

>間違いないのはその人たちは自分でも気づかないくらいの大きな力を持っているという事だ
いやひょっとしたら僕たち凡人にも同じ力が与えられてるのかもしれない
そんなことをふと思ったインタビューでした

小田さんが東北の方に少しでも元気になっていただこうと活動されていることは知っていました。
自分たちも何かできるということは、もう一度考えなくてはいけないですね。
masaやん (かっつん)
2017-04-05 18:28:22
1998年に交通事故に遭われてそれからファンに対する気持が変わったということです
「生きていてくれただけでよかった」
そんなファンの声に感動してもっとファンの喜ぶことをしたいと思うようになり、歓声に応えるなんて恥ずかしくてそれまで出来なかったのに、自ら花道を作り、時には通路まで出てファンの声に応えようとする
みんないい顔してくれる事がまた嬉しい と
ヒットした昔の曲を積極的に歌おうとするのもその姿勢の一つかもしれませんね
確かにコアなファンだけじゃなくて俄かファンにとってはヒットした曲は聞きたいものですから
大スターになると新しい曲を歌いたい気持ちもあってヒット曲は後回しになりがちですもんね

野球部だったというのが僕にとっては新鮮でした
知りませんでした
しかも8人しか部員がいなかったこともあるとか
いまやったら全国から入部希望者が集まってきそうですね
しかもマネージャーだらけになったりして(笑)
大ファンじゃなかっただけに新しい情報をいくつか頂きました

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。