木工挽物という仕事

基本的には時代遅れの仕事

正反対の位置にいるブログから発信してみます

ピアノの森 最終巻

2016-10-16 22:41:58 | コミック
厳しい暑さだった日の光が優しい暖かさに変わった秋の朝

リビングで横になって「ピアノの森」最終巻を手にした

25で大方の結論が出たのに26はいったい何の話を続けるつもりなのか

それにしても最終巻はいつものよりも分厚い



しばらく、事後の話が進んでいく

そんなに重要なのか? と思っていたら

今まで小さな疑問を持ち続けていた件が違う形でクローズアップされてきた

そうだったのか・・・

そうまでしなくても



思いながらぐいぐい引き込まれていった

そして最後に見事な幕を引く

62歳の老眼鏡の下は洪水でダーダー


あん、みっともないったらありゃしない

と思いながらも幸せなひと時を過ごさせてもらった

ありがとね


ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ああ出費 | トップ | 聞くは岩に刻むが如し »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (oldオードリー)
2016-10-16 23:47:53
私も、本の方を借りようかな。
まだ、DVDでてないし。
出ないかもしれないしね。
Unknown (かずちゃん)
2016-10-17 00:06:05
>62歳の老眼鏡の下は洪水でダーダー<

この1行ですご~く読みたくなりました(笑)

落ち着いたら探してみます
読みたくなりました。 (masamikeitas)
2016-10-17 05:11:01
かっつん、おはようございます。

>62歳の老眼鏡の下は洪水でダーダー

「ピアノの森」最終巻は、素晴らしい結末だったようで。読みたくなりました。

漫画で泣くことはたまにあります。
かっつんのようにダーダーとまではいかないですが。(笑)
昔なら「がんばれ元気」。
今なら「風の大地」、「黄昏流星群」で、涙が少し出たりします。
このあたりも漫画喫茶が少なくなりましたので、以前ほど漫画を読まなくなりました。
オードリー (かっつん)
2016-10-17 17:44:00
そういえばDVD見たんだったよね
あれは小学校時代だけだっけ?
大人になった(といっても高校生だが)海君は女装してクラブでピアノを弾いたり大活躍
美しい青年に育ちました
もう男性の声優さんじゃなきゃいかんでしょう(笑)
早く映画にならんかな とは思うけど
まずはコミックで楽しんでください
最初から読んだ方がいいよん
かずちゃん (かっつん)
2016-10-17 17:45:07
光栄です(笑)

26巻までありますけどいい作品だと思います

コミックで音などついてないんだけど聞こえてくるような作品なんです
masaやん (かっつん)
2016-10-17 17:46:07
ダーダーは大げさだったかなぁ・・(笑)

「がんばれ元気」懐かしいっすねぇ
まだこれはうちの本棚にあるかもしれません
「風の大地」は一度も読んだことはないです
ゴルファーのお話ですか 機会があれば覗いてみます

でしょ~ (将棋を知らない母)
2016-10-17 23:24:17
いいでしょう!本当にピアノの音も聴こえてくるし、ピアノの演奏なんて出来ないのに演奏している気分になったわ。かっつんが泣いちゃうなんてびっくりΣ(゚ロ゚ノ)ノ母は、漫画でよく泣いているけどね。泣いちゃう漫画、、、「やつがれシリーズ」くるねこ大和作とか、、、他に何で泣いたっけ。もちろんピアノの森は泣いた(TωT)ウルウル。
将棋ママ (かっつん)
2016-10-18 00:49:37
演奏してる気分?
そこまではなれませんでした(笑)
でも聞こえてくるんだよね
素晴らしい演奏が

二台のピアノ・・・
泣けたわぁ
これぞ良い時間(^^♪ (あずさ)
2016-10-18 01:09:39
素敵な本と出会ったのですね。
私、最近本とは無関係・・・・・・
これぞ、とっても充実した良い時間を過ごされていると思います。
かっつんさんは読書の秋。
私は食欲の秋(笑)

それにしても、かっつんさんは勉強家ですね。
とても尊敬します。
私は最近、読書をしようと思うと、1ページか2ページ目で、睡魔に襲われます(´;ω;`)
本は睡眠薬みたいになってしまい、いつまで経ってもページが進まない(ノД`)・゜・。

時々、ぐいぐいと吸い込まれるように読み進んでも、何かの拍子に別の事が頭に浮かび、目は読み進んでいるのに、思考回路は複雑にあっちこっちさまよって、ほんの世界と現実の世界をあっちこっちしてしまい、何度も何度もページをさかのぼっていて、ダメです(´;ω;`)
あずささん (かっつん)
2016-10-19 00:48:26
尊敬されては困ってしまいます
これはコミックですから(笑)

今読んでる活字の方は「最悪」奥田英朗です
これはリサイクル本で湯船に入ってる時に読んでます
読むと言ってもこんな本ばかりで恥ずかしい限りです

前はよく読みながら眠っちゃって本を水没させてしまうことがありました
読み終わった時にはボロボロでリサイクルにも出せないような有様になったのもありましたよ(笑)
最近何冊かは水没は免れています


コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

コミック」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。