goo

ESP8266ボードを使ってiPadからLED点灯,消灯を制御する

前回ESP8266ボードのWiFi機能を確認したので、今回はこのWiFi機能で外部デバイスの iPad からLEDの点灯、消灯をコントロールします。
月刊誌「トランジスタ技術」の2016年9月号でESP8266-Wroom2の特集記事が掲載されています。その記事をなぞる形で動作確認をしてみました


使用する部品はESP8266ボード、LED、抵抗(330Ω)だけです。
回路は以前組んだLED点滅回路をそのまま利用します



プログラム(スケッチ)も「トランジスタ技術」本誌の記事に掲載されているスケッチをそのまま使用しました。
"SSID","Password"の部分を自分が接続しているWiFiルーターのSSID,Passwordに変えるだけで、PCにESP8266ボードをUSBケーブルで接続して、スケッチの書き込みをすれば作業は完了です



スケッチの書き込みが成功した後、シリアルモニターを起動すると、スケッチにより画面にESP8266ボードのIPアドレスが表示される。このIPアドレスの数字をi Padの入力に使用する



書き込みが済んだらESP8266ボードとPCを接続していたUSBケーブルは外して、ESP8266ボードへの給電はモバイルバッテリーに切替える。
iPadの入力欄にさっきのIPアドレスとその後に /L1 と入力
iPadの画面にLED=1の表示があり、回路基板のLEDが点灯する


iPadの入力欄にIPアドレスとその後に /L0 と入力
iPadの画面にLED=0の表示があり、回路基板のLEDが消灯する
iPadから単体のESP8266ボードへの制御が成功した。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ESP8266ボード... ESP8266ボード... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。