プーさんの独り言(調布のタウン誌182chのコラム 「プーさんの健康相談」連載中~)Facebookもご覧ください!

漢方薬局の薬剤師と鍼灸院の鍼灸師を一人で同時にこなし、東洋医学を元にどこに行っても良くならない方に安心を与えたい。

大陵・心包経

2011年05月17日 | 健康
取穴

掌側、腕関節横じわの正中にあたるくぼみ。

主治

熱があっても汗が出ない

舌の根が痛む

躁病

掌がほてる

わきの下が腫れる

心身症

ヒステリー

狂の状態

みぞおちが痛む

のどが腫れる

口がかわく

疥癬

小水の色が赤い

このツボの使用頻度は高く特に心臓疾患に応用

関節リウマチ

半身不随

手足のしびれ


穴名由来

心包経の原穴

心包経の経脈の異常を調べるのに重要

「大」・・・大切、重要
「陵」・・・大きな丘

ジャンル:
食と健康・美容
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 内関・心包経 | トップ | 椎間板ヘルニア »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

健康」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL