習慣HIROSE

映画・演劇のレビュー

『ひるなかの流星』

2017-04-15 17:57:40 | 映画

『ただ君を愛してる』でデビューして以来信用している新城毅彦監督の新作なので、見たかったけど、なんか最近この手の高校生と先生の恋愛もの映画が続出でいささか食傷気味。またかよ、と思うし、少女マンガの映画化はハードルが上がり気味。もう十分作り尽くした感があるからだ。それでも三木孝浩や廣木隆一なら無条件ならで見るけど、好きだけど新城監督は、実はそこまで、とも思う。まぁ、そんなこんなで少し躊躇したけど、えい!と見に行く。見てよかった。やはり彼は信用できる。(信用しきれてなかったくせに!)

ありえないような嘘くさいお話である。高校生と担任先生の恋愛で、クラスメートの男の子も絡んでくるというもうベタ過ぎて見ていられないような話なのだが、それを純粋な想いに嘘がないように作ったから、その一点だけで、納得する作品に仕上げた。ブレがないのがいい。そこさえ徹底していたなら、嘘くさい話は、マンガでのお約束として、スルーできる。『PとJK』もそうだったが、全体の作りは夢の世界で、でも、大事な部分だけは嘘がない、そういう作り方がやりきれたなら映画は成功する。本作もそうだった。

田舎からたったひとりで東京に出てきた高校生の女の子が主人公。編入した高校で、田舎者の彼女はなかなかなじめない。でも、彼女は自分のやり方を変えない。まっすぐに世界と向き合う。担任の先生が彼女を大事にしてくれる。なんだか特別扱いだ。彼は彼女のことを好きになった。彼女も先生が好きになった。さぁ、二人の恋愛はどうなるか、なんていう中心となるお話はどうでもいい。(だいたいそこがなんだか、バカバカしくて嘘くさいからこの映画を信用できなかったのだ。)では、何を見るか。

自分の気持ちに正直になり、そこから逃げないと、どうなるのか。この映画が目指すところはその一点に尽きる。彼女は先生への想いからも、彼女に心を寄せるクラスメートの想いからも逃げない。ふたりの男性から思いを寄せられて困っちゃう、とかいうようなカマトトめいたアホな映画ではない。彼女の凛々しい姿を見よ。

ヒロインを演じた永野芽都が素晴らしい。この映画の成功は彼女の誠実でまっすぐな視線があったからである。彼女に見つめられると男たち嘘がつけなくなる。自分に正直にならなくては彼女と対峙できない。初恋と正面から向き合い、逃げない。この映画は究極恋愛映画なのだ。というか、恋愛しか描かれない。それがすべてだ。高校生活はもっといろんなことがあるはずなのに、この映画はそこだけにポイントを絞り、それだけで2時間の映画を作った。その潔さがすべてだ。

 

高校の先生なのに、生徒である彼女に恋するバカ教師も、彼女の前では本気になるしかなかったのだ。自分をだませないし、彼女をだますことなんかできないからだ。17、8歳の女の子と侮るなかれ。彼女のように生きることに一生懸命な人間はなかなかいないし、その生きる姿勢は、ひとりの人間として尊敬できる。大事なことはその一点だけなのだ。そこに嘘がない以上、この映画はこんなにも感動的だし、信じられるのだ。

 

 

 

 

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『夜は短し歩けよ乙女』 | トップ | 『ライオン 25年目のただいま』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。