習慣HIROSE

映画・演劇のレビュー

少年眼鏡『私、自分が20歳になるなんて絶対嘘だと思ってた。』

2017-09-07 21:24:56 | 演劇

 

2人芝居。どこにでもいるような2人の女の子たちの恋バナ。20歳を目前に控えた2人はほんのちょっと恋に臆病。彼女たちはルームシェアしているなかよし同士。奥手の女の子の初めての恋を、耳年増のもうひとりの女の子が見守り、応援する、という図式。でも、2人の友情が、間に入った男の子のせいで壊れていく。


演じる2人の女の子たちがとてもいい。正直言うと、芝居を見始めた最初少しがっかりした。彼女たちがあまりかわいいとは思わなかったのだ。(ごめんなさい!)なのに、見ているうちにだんだん輝き始める。やがて最後になったら、ふたりとも、なんだかとてもかわいく見えてくる。それってなんだか凄いじゃないか。

 

お話自体は、あまりにあざとい設定。おきまりの展開。なのに、なんだか心地よい。子どもから大人へと成長していく瞬間を「恋とセックスと友情」を通して描いていくという意図はちゃんと達成する。それを80分で、余すところなく描けた。


とても上手いけど、ちょっと上手過ぎて鼻につくほど。クリスマスの夜のところで終わらせないのは当然だろうけど、そんなところまで、少しあざとさを感じてしまうのが惜しい。ラストが成人式のシーンになるのは、お話の構造上、ファーストシーンからわかっていたけど、あまりにすべてをすっきりきれいに納め過ぎていて、嘘くさくなる。作り手の上手さがアダとなるって、こともあるんだな、とこの芝居を見て思う。世の中には理屈に合わない不条理があり、その痛みを乗りこえて、人は生きている。もちろん、そんなこと、わかった上で、あえてこういう心地よい夢に酔わせてよ、と言われたなら返す言葉はないのだけど。


見たときに、ちよっとこれは気恥ずかしいよ、と思ったけど、今はまんまと確信犯の横川さんにやられたな、と思う。あっぱれだ。

 

『演劇』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 真夏の太陽ガールズ『キラメキ』 | トップ | 『パターソン』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

演劇」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。