習慣HIROSE

映画・演劇のレビュー

『フレンチアルプスで起きたこと』

2016-08-06 20:10:37 | 映画

 

このさりげないお話の虜になる。最初はパニック映画か、と思ったほど。リゾート先で雪崩に巻き込まれた家族のお話だと思っていたから。だが、そうじゃなかった。

 

確かに雪崩のシーンは出てくる。しかも、映画のかなり最初の方で。そのエピソードが起点となり、お話は進行する。だが、ここで描かれるパニックは、目の見える、体験するそんな「災難」ではなく、内面的な問題なのだ。デザスター映画じゃない。

 

それどころか、最初から最後まで表面的には静かで何も起こらない。確かに、何かが起きそうな予感だけはどんどん膨らむのに。人工的に起こされた雪崩がテラスで食事を摂っている人々を襲う。一瞬パニックになるのだが、何事もなく収まる。そのとき、夫は自分たち家族を見殺しにしてひとりだけで逃げようとした。そのことが妻にはショックだった。人間なんて所詮ひとりだ、でも、家族は違う、と信じていた、のに。笑いながら戻ってくる夫を見て、もう彼は信じられない、と思う。

 

そこから始まる彼ら夫婦の物語。5日間の楽しいはずのバカンスが、台無しになるだけではなく、彼ら夫婦の終わりにつながる。幼い子供たちはなんとかして、両親をもとの仲よしに戻そうとするけど、不可能だ。最後の最後まで、緊張は持続する。進展は望めない。ラスト近くで、夫は霧で帰る道を見失った妻を捜し出し帰還する。ハッピーエンドを思わせるエピソードだ。だが、それで終わるわけもないし、それだけで、めでたしめでたしとなるわけもない。不安は終わらない。ラストのエピソードが見事だ。それはよくあるどんでん返しなんかではない。この作品に最初からあった緊張が最後まで終わらない、という確認なのだ。

 

夫が悪い、という単純なお話なら、ここまで僕たち観客を不安にはしない。問題はそんな簡単なことではない。お互いの中に澱のようにわだかまっていくもの。それがほんのちょっとしたきっかけで表面化していく瞬間。その緊張と恐怖が描かれる。すごい映画だ。

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西加奈子『まく子』 | トップ | 山崎ナオコーラ 『美しい距離』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。