習慣HIROSE

映画・演劇のレビュー

エイチエムピー・シアターカンパニー『四谷怪談』②

2016-09-19 21:54:55 | 演劇

 

 女性だけの公演である「猫組」に続いて、男性ばかり5人で演じる「鼠組」も見た。同じ作品を同じ演出で見せるのだが、微妙に違うものになる。その差が面白い。

 

向こうが女性7人に対してこちらは5人である。そのぶん各役者への負担は大きくなる。そのとばっちりを一番に食らったのが、澤田誠だ。なんと彼はお岩をはじめ9役も演じることになった。終演後、ロビーで澤田さんに会ったけど、涼しい顔をしていた。あれだけの芝居をしながら、なんともいいようのない余裕。そうでなくては、この作品は成立しない。

 

見る前は、もっと汗臭い芝居になっているのではないか、と思っていた。女性版と較べると、きっと泥臭くて暑苦しい芝居になっている、なんていう僕の要らぬ心配をよそにして、とてもさらりとした作品になっている。それは女性版を見た時の印象と近い。クールな芝居でなくてはならない。そこが演出の意図だ。豪快なピカレスクロマンではない。

 

冷静な現状認識と、でも逆らいきれない運命のドラマだ。伊右衛門という男をどうとらえるかで、作品の方向性はいかようにもなる。欲望の赴くまま生きるようにみせて、ただ流されるまま生きている。そんな彼の弱さを肯定も否定もしない。古藤望は一歩間違えばただの卑屈な男として見えてしまう、そのギリギリのところで伊右衛門を演じた。

 

男ばかりで演じたにもかかわらず、ちゃんとクールで、しかもバカげた殺戮の連鎖を滑稽にならず、見せきったのも見事だ。感情に流されるのではなく、事実をしっかり見据えて彼らのたどった運命を見守る。そんな笠井さんの演出意図が確かに実現している。

『演劇』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ビック・フレンドリー・ジ... | トップ | アマサヒカエメ『次は、終点』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

演劇」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。