習慣HIROSE

映画・演劇のレビュー

『PARKS パークス』

2017-05-09 23:04:04 | 映画

 

なんだか、とても残念な映画。こういう爽やかな映画はめったにない、と、とても心地よく見てたのだけれど、終わり方がなんだかなぁ、である。あの少女は何だったのだろうか。そこの決着を曖昧にして、なんとなく終わるのは納得いかない。

 

主人公の大学生、純(橋本愛)は、いきなり訪ねてきて居座る高校生ハル(永野芽都)に導かれて、50年前のこの公園を旅することになる。これは公園を舞台にした映画。

 

井の頭公園100周年記念映画。50年前の父の遺品。オープンリールのテープに秘められた密かな恋物語。60年代の青春を、今の若者たちが探し出す。二つの時代をつないで、伝説の恋が失われた歌とともによみがえる。スケッチのような映画。瀬田なつき監督のフットワークの軽やかさに乗せられて、とてもささやかで不思議な世界の冒険が始まる。

 

ここでは、用意されたお話が大事なのではなく、この空気感がすべてなのだ。すばらしい緑が美しい公園のロケーションを最大限に生かして、なんだか、ふんわりとした夢のような話を楽しみたい。過去と現在が交錯して、3人の公園遊びを堪能した。桜の頃からスタートして再び桜の季節まで、橋本愛が自転車で走り抜けて行く姿が素敵だ。彼女と染谷将太が全く恋愛感情を持たないのもいい。こんなに長く一緒にいるのに、友だちのラインを踏み出さない。それは臆病だからではなく、そんな気はまるでないからだ。性を超えた友だちという立ち位置が心地よい。いいところはたくさんある。

 

それだけにあの決着の付け方がなんだか腑に落ちないのは、残念としか言いようがない。

これはお話を見せる映画ではないのだ。それだけに、あんなふうに、心地よさに水を差すのはなんだかなぁ、である。それにどうしてラストで作った歌を歌わせないのか。失われた歌をどう受け止めたらいいのか。さらには、ハルは何者なのか。突然いなくなってしまうし、50年前の父、というけどあまりに年が離れすぎているし。過去と今をつなぐ妖精のような存在なのだけど、映画全体のテイストにはそぐわない。

 

 

 

 

 

 

 

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『スウィート17モンスター』 | トップ | 魚クラブ『夜が摑む』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。