習慣HIROSE

映画・演劇のレビュー

下鴨車窓『渇いた蜃気楼』

2017-07-12 20:25:58 | 演劇

 

誤解のないように先に書いておく。これは面白い芝居である。このけだるい時間が、延々続く。たった90分がとても長いと思わせる。なのに、面白い芝居なのである。この長さは意図的なものだ。この不快感も同じ。それがこの作品の魅力で、そのためにわざわざ、必要以上の間を役者たちに取らせている。観客の我慢のギリギリのその先まで、演出がねばらせる。イライラと不快感が募る。

 

あの男は死んでいたのではないか、と思わせる。たまたまにしては、あまりにできすぎている。それを言うなら、東京でたまたま再会し、付き合って結婚する、というのも出来すぎだろう。ここに描かれる日常の「ある日」は、それ自体がまるで蜃気楼だ。彼らは現実ではなく、幻想の中を生きているように見える。しかし、これはすべてが現実で、そんな現実の中を生きている。断水もほんとうのことで、水を汲んで坂を登ってアパートに帰ってくるのも現実。アンテナもないのに、NHKの受信料を支払うことになるのもそう。

 

まるで、砂漠の中で、水もなく、たたずんでいるような。乾ききった大地で、ぼんやりと、うずくまって渇いている。冒頭の椅子に座ったまま同じ方向を見つめる妻と、その背後で水を入れたタンクを持ってきて、同じ方向を見る夫、という図式が作品全体を象徴している。彼らは同じ放火卯を見ているはずなのに、ひとりひとりだ。

 

20年の歳月を経て、ふたりの同級生だった男がやってくる。亡霊のように。そして、ともに一夜を過ごす。あれは何だったのだろうか、と夫婦は思う。幻のようにやってきて、去って行く。2人は彼が死んでしまったことにしていたかっただけ。たった4人の同級生だった。田舎の村。2組の男女。ひとりの女は結婚して子供もいる。彼らはもう40歳になる。

 

水不足の夏。給水のためポンプ車に水を汲みに行く。クーラーもない部屋。うだるような暑さ。失業した不安。まとわりつく紙片。リアリズムとはほど遠い不条理劇なのに、ここにあるいろんなことがやけにリアルなのだ。

 

『演劇』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あみゅーず・とらいあんぐる... | トップ | 演劇集団☆邂逅『星空と砂の間... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

演劇」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。