習慣HIROSE

映画・演劇のレビュー

雲の劇団雨蛙『夕暮れは、』

2016-12-20 22:09:59 | 演劇
当日いただいたパンフには「台詞と詩と手紙、朗読劇の為の台本」とある。そういうことだったのか、と後で気付く。



まるで何も知らないまま見始めたので、最初は驚いた。いくつもの手紙を読むという行為。そこには一貫性がない。個々のテキストの関係性がなく、独立したものが提示させる。それが1時間ほどの芝居というスタイルの中で提示される。そんなスタイルにとまどう。



還付される郵便。宛先不明のままでポストに入れてしまった手紙を回収。その時、間違えてそこに入っていた遺書まで持ってきてしまう。手紙を開封して、中身を確認することで、手掛かりを見つけて返却、または送付するなんてことを郵便局がしているはずもないから、そこはフィクションなのだろう。描かれるドラマ部分にストーリー性が希薄で、そこが興味深い気もするけど、ただ、1本の劇作品としてこれを見たなら、掴みどころがなく、どう理解したらいいのか、いささか戸惑うのは事実だ。つまらないわけではないけど、描かれる内容が受け止め手であるこちらにまで届かない。心に入ってこないのだ。言葉はそれだけで終わってしまい、積もってはいかないから上滑りしていく。



読まれる手紙の数々はつながりとして描かれないし、役者たちが読むという行為も、単独の手紙は詩以上に淡くて、心に残らない。もっと明確な1本のドラマという機構の中で作られたなら、わかりやすい作品になったのだが、この実験的なスタイルが、作品自体を中途半端な印象にとどめてしまった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ローグワン スターウォー... | トップ | 覇王樹座『駄駄』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

演劇」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。