習慣HIROSE

映画・演劇のレビュー

エイチエムシアター・カンパニー『月の光』

2017-07-15 16:39:09 | 演劇

 

ハロルド・ピンターの作品を日本初演で贈るエイチエムピー・シアターカンパニーの新作。笠井さんはもう自由自在だ。3度の『アラビアの夜』(同時に2種類の演出でやったこともある)を見て、彼の手にかかれば同じ作品がそのつど新鮮なものになる、というのはわかっているのだけど、それでも、また、こんなふうに新しい見せ方で、やられると、どれだけいろんな引き出しがあるのですか、と驚かされる。

 

もちろん、これは『アラビアの夜』ではないのだけれど、空間の使い方が似ているから、ついつい同じシリーズとして、受け止めてしまう。簡単なセットと、映像を使い、シンプルなのにスタイリッシュで、贅沢な空間が立ち上がる。いつものことだが、素敵だ。役者たちがとてもいい。芝居が絡み合わないから、それぞれが立つ。

 

これから死んでいく男と、すでに死んでいる少女が白。彼ら以外の5人は黒。彼らの交わす言葉は、どこまでが本当なのか、よくわからない。もちろん、決して嘘をついているわけではない。だが、言葉は相手に向かわない。自らの孤立が、そうさせる。彼らの声が、上滑りしていく。息子たち、娘(死んでいる)、夫婦、という関係性が緊密なドラマを提示するはず。その真摯な言葉は、胸に突き刺さる。なのに、それはそうはならない。

 

どこにでもありそうな5人家族。どこにでもあるような断絶。下の娘の死。バラバラになった家族。もうすぐやってくる夫の死。それを迎える妻の心境。距離を取る2人の息子たち。外部は夫の弟とその妻だけ。家族なのに、孤立し、人は皆、孤と孤であり、その集まりに過ぎない。どこまでいっても、わかりあえるわけではない。そんな絶望的な孤立が身にしみる。

『演劇』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 演劇集団☆邂逅『星空と砂の間... | トップ | 『ジョン・ウィック チャプ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。