習慣HIROSE

映画・演劇のレビュー

Dracom『空腹者の弁』

2017-06-15 21:03:54 | 演劇

 

僕は初演も再演も見ているから、これで3度目になるので、免疫はできているけど、初めてこんな芝居を見せられた人は絶対戸惑うだろう。しかも、今回はスペシャル版で、芝居自体よりも、芝居の途中で劇場内に家を建ててしまうのだ。終わった後は再び壊して、更地にしてしまう。ウイングフィールドは、元はオーナーである福本さんの自宅だった。ビルの4階部分を住居としていたらしい。その当時の間取りを再現して、復活させる。

 

今回の芝居はそこがメインとなる、といっても過言ではない。もちろんもともとある『空腹者の弁』をこの空間で見せるのだが、彼らのやりとりよりも、おうちの再現。

 

ベニア板で空間を仕切り、部屋として再現していく。観客はその作業の邪魔にならないように、あっちのこっちに移動しながら、見ることになる。客席はない。最初から客席と舞台の区分はなく、途中からはひたすら福本家を作ることに専念する。廊下、リビング、和室、居間。さらには風呂やトイレも。なんと、トイレに閉じ込められていた観客もいた。

 

キャストと観客の境目もなくなり、気付くと台詞をしゃべる役者の横に並んで、立っていたりもすることになる。こんな不思議な体験はない。今回もプラモデル作りとか、あるけど、彼らの交わす言葉の意味が希薄になる。もともと、そこを考えても詮無いことなのだが。ただただ驚き、呆れて、気付くと終わっている。そんな芝居だった。(たぶん)

 

『演劇』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 満月動物園『レクイエム』 | トップ | 超人予備校『木の葉オン・ザ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

演劇」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。