習慣HIROSE

映画・演劇のレビュー

『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』

2017-10-06 20:21:08 | 映画

 

いくらなんでもこんなタイトルの映画はあり得ない、と思う。原作漫画がこのタイトルなのでそのままこのタイトルでGOサインを出したのだろうが、これはかなりの冒険なのではないか。僕にはわからないけど、常識的に考えると、インパクトは凄いけど、商品として、タイトルがこんなに長いとなかなか覚えられないし、「奥田民生」なんていう固有名詞を映画のタイトルに入れるのは、凄すぎる。略称である『民生ボーイと狂わせガール』のほうが映画のタイトルとしてはノーマルだろう。でも、製作者側は敢えてこれで行く、という選択をした。なかなかの英断ではないか。

 

タイトルは長いけど、映画は実に軽い。薄っぺらで、バカバカしい。こんなボーイ(というけど、妻夫木聡だ!)ないわぁ、と思う。さらにはその上を行くのが水原希子の狂わせガール。こんな困った女がいたら恐くて普通なら誰も近づかないはず。でも、そこは映画なので、彼は彼女になぜか、急接近。

 

まぁ、ボーイ・ミーツ・ガールのラブストーリーの典型なのだけど、この危なっかしい恋物語はそこからどんどん暴走する。実に心地のいい暴走だ。ただ、主人公の気持ちはとてもよくわかるから、バカじゃないか、と思いつつも、応援してしまうし、感情移入できる。おしゃれで、楽しい映画で、テンポもいい。情けない妻夫木クンが、とんでもない彼女に振り回されていくさまが快調に綴られていく。実に楽しい。

 

30代の男子が、新しい職場での仕事に邁進し、ちょっとフライングもしながら、頑張る様子が軽やかに描かれ、そこに恋もついてくる。「恋と仕事」を両立させて、人生絶好調って感じ。でも、そこはそれ。いろんな問題が満載。上手くいくわけない。そんな展開になる。お決まりのパターンを踏襲しながらも、この映画に引き込まれていくのは、この映画が青春のある時期を、その想いを、ちゃんと描けてあるからだろう。恥ずかしいくらいにピュアで、純粋。(同じこと2度言ってるよ!)なんだか懐かしい気分にすらさせられる映画なのだ。恋愛してる男の子はバカ。

 

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金蘭座『弟よ』 | トップ | 『ドリーム』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。