習慣HIROSE

映画・演劇のレビュー

『アウトレイジ 最終章』

2017-10-11 22:41:21 | 映画

 

久々に興奮するバイオレンス映画の登場だ。北野武監督2年ぶりの新作。(シリーズとしては5年ぶり)『アウトレイジ』シリーズが3部作としてここに完結する。同時に『この男、凶暴につき』でスタートした北野武監督のバイオレンス映画の完成形でもある。これは『アウトレイジ』だけではなく、そこに至る『ソナチネ』から『HANABI』を経て、このシリーズに流れつく、その延長線上にある。北野映画の集大成でもある。

 

だが、映画自体には、もうなんら新しい発見はない。前2作の焼き直しと言われても、ここには返す言葉はない。どこかで見たようなシーンや、エピソード。やがて、最後の落とし前は終わらせるために仕方なくした結末でしかない。これは壮大な大河ドラマの終わりではなく、ただの遊びの時間の終焉でしかない。だが、そんなことはわかってやっているのだ。

 

この果てしない殺し合いの最後は自分が死んで終わるしかない。全員悪人だから全員殺した後で死ぬか? とも思うけど、悪人なんて殺しても殺しても蛆虫のように涌いてくるだけ。きりがないから、適当なところで終わるしかない。

 

済州島から始まり、そこでノーテンキに釣りをしている。もっとあの冒頭のエピソードが見たかったけど、すぐに事件に巻き込まれる。日本に帰り、また、殺戮を繰り広げるしかない。敵討ちなんて、きりがない。どこまでいっても、同じことの繰り返し。わかっているけど、やらなくては収まらないし、最初から死に場所を探していただけ。

 

死んだはずの男がゾンビのようによみがえる。ヤクザ同士のつまらない抗争。ここには何ら未来への展望はない。ヤクザの落とし前、なんていう70年代には終焉を迎えたようなお話に21世紀の僕らが付き合うことになる。バカバカしいアナクロ映画。時代錯誤も甚だしい。でも、それを正々堂々と北野武が自ら主演してやると、説得力のある映画になる。なんだか不思議だ。怒号と罵り合い、やがては殺し合い。それだけの映画なのに。

 

 

 

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ナミヤ雑貨店の奇蹟』 | トップ | 『ノック・ノック』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
アウトレイジ 最終章  監督/北野 武 (西京極 紫の館)
【出演】  ビートたけし  西田 敏行  大森 南朋  塩見 三省  ピエール瀧 【ストーリー】 関東の山王会と関西の花菱会の間で起きたし烈な権力闘争の後、大友は韓国に拠点を移す......