習慣HIROSE

映画・演劇のレビュー

『アンジェリカの微笑み』

2017-05-18 22:25:47 | 映画

 

このオリベイラの遺作(たぶん)は、こんなにもサラリとしたゴーストもの。死者に魅せられた青年の不思議な体験を淡々と描く。いったい何を見せたいのやら、それすらよくわからない。ホラーというには、怖くないし、だいたい怖がらせるために作ってない。

 

死んだ女(しかも夫がいる)に心惹かれても、彼の恋心は叶うはずもない。しかし、夜の窓辺に彼女がやってきて、夜間飛行を楽しむ。まぁ、それって、ただ夢を見ているだけのことかもしれない。たぶん、そう。だけど、彼の恋心はとどまることなく、エスカレートしていく。彼女のお墓に行って疑似デートとか、もうありえない。これは『牡丹灯籠』なのか? でも、あくまでもこれって、男の方からの一方的な片想いで、独り相撲だ。女は死んでるし。

 

呪われるとか、祟られるとか、そういうのではない。結局、ドラマチックな展開はない。何となく終わっていき、えっ? それでいいの、とちょっと驚く。何がしたかったのか、と突っ込みを入れたくなるくらいにさりげない。そんな小話のような映画を長いキャリアの最後に、軽々と作ってしまう巨匠のフットワークの軽さにやられたなぁ、と思うしかない。

 

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クロムモリブデン『空と雲と... | トップ | 『カフェ・ソサエティ』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。