習慣HIROSE

映画・演劇のレビュー

演劇集団☆邂逅『星空と砂の間に』

2017-07-15 16:37:07 | 演劇

 

サン・テグジュペリの『星の王子さま』をもとにして、飛行士と王子さまの交流を描くミュージカル。10数曲の歌が散りばめられて、お話は原作に忠実。砂漠に漂着した男が王子さまと出会い、彼と関わっていくうちに、今の自分の生き方を見つめ直すことになる。死んでしまった弟への想い。恋人のこと、空への想い。そんなこの小さな小説に込められた想いをしっかりと汲み取って、人と関わり会うことの意味を伝える。

 

ほんとうの友だちって、何だろうか。相手のことを思いやる、って、どうすることなのか。誰を大切に思って、その人のために何をすればいいのか。飛行士は王子さまのお話を通して、自分の人生を振り返ることになる。この小さな男の子の無邪気なお話が大人のはずの彼を変える。

 

クライマックスはもちろんキツネとの話だ。なんと4役も演じた山本あす美が演じる。彼女が素晴らしい。このファンタジーの要となる部分をしっかり引き締めた。流れていくようにそれまでのエピソードは綴られるのだが、ここできちんと立ち止まる。(ダブルキャストになっているから、堀由香が演じた回もある。きっとこちらも別のおもしろさがあったはず)

 

誰もがよく知っているお話を、なぞるのではなく、自分たちの問題として真摯に受け止め、考えさせられる。主人公のふたりがとてもいい。飛行士はもちろんいつものように中村多喜子。彼女が中心になるのが邂逅の芝居。そこからすべてが始まるのだが、今回、王子さまを演じた河野光南が素晴らしい。ただ無邪気なだけではない。彼女の素直さが作品全体を引っ張っていく。中村さんは彼女に引きずられて、ただついて行くだけでいい。

 

コロスたちの使い方も上手い。彼女たちが作品世界を贅沢に彩る。わかりやすいお話を流れるようなタッチで見せていく。単調になりかねないところを、うまくバランスを取りながら、2時間一気に見せる。

 

『演劇』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 下鴨車窓『渇いた蜃気楼』 | トップ | エイチエムシアター・カンパ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。