習慣HIROSE

映画・演劇のレビュー

エイチエムピー・シアターカンパニー『四谷怪談』

2016-09-18 20:15:08 | 演劇

9月7日から20日まで2週間で18ステージ、男性キャストだけの「鼠組」と、女性だけの「猫組」の2ヴァージョンで見せる。関西の小劇場でこれだけのロングランはあまりない。エイチエムピーは精力的にこのロングラン興行に挑んでいる。僕が見た15日の回は満席だった。

 

『桜姫東文章』を原作にした前作『桜姫』に続いて今回「現代日本演劇のルーツ」シリーズの新作として取り上げたのは鶴屋南北の『四谷怪談』。僕は蜷川幸雄が作った2本の映画が大好きだ。特に最初の作品『魔性の夏』。公開当時はまるで評判にはならなかったし、それどころか怖くないし、大失敗作、というようなレッテルを張られた映画だが、あの優しさが凄いと思った。あれから僕にとっては『四谷怪談』といえばあの作品がスタンダードになっている。お岩があまりに優しすぎたから伊右衛門が甘える、という図式を用意した。それを関根恵子(高橋、ではまだないはず)とショーケン(もちろん、萩原健一)が演じた。

 

さて、本題は笠井さんが用意した『四谷怪談』である。「江戸のエログロ物語」という切り口は斬新だ。それをさらに斬新な舞台表現でみせる。それにしても、なんなんだ、このアップテンポは。『桜姫』もそうだったけど、今回はそれ以上だ。登場する人物の心の動きよりも早く、体の方が先に行く。あれよ、あれよ、という間にストーリーがものすごいスピードで動く。ダイジェストでも、ここまでは早くない。早送り状態だ。

 

ストーリーを楽しむのではなく、ストーリーは最初からわかった上で、この物語の導く運命に身を委ねるように、定められたレールの上を、新幹線で走るように、駆け抜けていく。あまりのスピードの速さゆえについていけない人も多かったのではないか。微妙に衣装をすらすだけで、役が変わり、ひとりで何役も演じる。(今回見た女性版は、7人が28名を演じたが、男性版はそれを5人で演じるらしい)その変わり身の早さも見事だ。全員がまっ白の衣装を纏い、そこ(衣装の白)に、プロジェクターで、名前や映像を投影する。テンポをあげることに貢献している。そして、それは役の変化だけではなく、何が正しくて何が間違いであるか、なんて紙一重で、悪と善の二分法では見えてこないさまざまなものを垣間見せる。碁盤の上で、同じ駒がクルクル色を変えるように、(今回の美術がそうだ、傾いだ碁盤がアクティングエリアとなる)彼らはどんどん変わっていく。でも、結局は全く変わらない。生と死すら同じ。生きているものと死んでいるものとが同じ場所で出会い、運命のドラマが展開していく。

 

『四谷怪談』という物語を通して、何色にも簡単に染まる人の心を自在に表現した。主役の伊右衛門(水谷有希)は他の役を演じないが、他の6人は30人に及ぶ役を一瞬で演じ分ける。特に高安さんの岩と与茂七、小平は見事。演出の笠井さんは個々のキャラクターに感情移入することなく、冷徹に『四谷怪談』という現象をここに描き込んだ。

 

すべての役を女性で演じたことで、生々しく、なんだかとてもエロチックなものになっている。ということは、同じ芝居をすべて男で演じたなら、どうなるのか。鼠版が楽しみだ。

『演劇』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『キング・オブ・エジプト』 | トップ | 演~en~『恋の波間はラス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

演劇」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。