習慣HIROSE

映画・演劇のレビュー

『上海的處女 SMオペラ』

2017-10-06 20:16:57 | 演劇

 

鏡は何を映すのか。鏡売りによる象徴的なシーンから始まる。「娼館」という狭い世界とそこを囲む上海租界という同じように狭い世界。だが、その背後には茫洋とした巨大な「世界」が広がる。これは、「未来のない男」と「未来を知らない女」とのラブストーリーとしても読める。彼女は、言葉だけではなく、目も奪われる。2人の女のナレーションにより話は展開していく。テンポがよくなり、ドラマに弾みができる。説明的なドラマはいらない。

 

O嬢の物語』を下敷きにした寺山修司の映画『上海異人娼館』、それを原案に三名刺繍が書き下ろしたオリジナルだ。それを佐藤香聲が自由に舞台化した。カナリア条約での2度の公演を踏まえて、今回近鉄アート館へとステージを移し、この広い空間を縦横に使い切る壮大なパフォーマンスに仕立てた。

 

混沌の極みにある1920年代上海租界。テロリストたち、人民戦線、さまざまな国からやってきた男。いくつもの思惑が交錯する場所。アヘン中毒の女。娼婦たち。そこに連れてこられ、預けられた女。どれだけ他の男からおもちゃにされてもいいが、愛するが故、自分一人のものにするのではなく、性の奴隷にするという男。たまたま目にした、視線を交わしただけのその女に心惹かれ、彼女を純粋に愛する男。そんな3人を主人公にした。

 

これはまず、ショウである。これだけの美しいパフォーマンスをこんなにも妖しく、刺激的で、どこまでも続く迷宮で、同じところをひたすらぐるぐる回り続ける悪夢として見せる。圧倒敵な音と光のシャワーの中で、僕たちは魔都上海の闇の奥にある迷路へと迷い込み、そこから逃げ出せない。

 

マネキンのように無言で、無表情の女。男のいいなりになり、ここに連れてこられ、ここで男たちに体を開く。そんな女を連れ出そうとする男。上海が世界から蹂躙されている時代。列強に加わり、上海を解放すようとする日本。しかし、そんなこと、誰も信じていない。ただ自分たちの私利私欲のため、上海からアジアを解放し、やがてはアジアの独立を目指す。明日死ぬ男はそこから女を連れ出す。彼女を飼育する男との相克。これはまず愛と政治のドラマとして作られる。

 

そこにいろんな人々の思惑が入り乱れていく。20人に及ばんとするダンサーたちによるパフォーマンス。ここに蠢く女たちのショウケースのような見せ方をする。圧倒的な個人の力とアンサンブル。その組み合わせで見せ場を満載にしても、大丈夫。劇としての構図がしっかりしているから、その骨格以外は余白だらけでいい。そこを音と明かりとパフォーマンスでみせる。退廃的で耽美的、きらびやかで華やか、そんな上海の夜をここに見せる。個々のパフォーマーの見せ場をちゃんと用意するから、全体のテンポが悪くなるし、同じことの繰り返しで堂々巡りの様相を呈するけど、佐藤さんはまるで気にしない。悠々たるタッチで一瞬もためらいなく、最後まで駆け抜ける。たった100分間のステージでこれだけの満足感を与えるのだ。これは凄い作品だ。

 

 

『演劇』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 万博設計『駱駝の骨壺』 | トップ | 金蘭座『弟よ』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

演劇」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。