習慣HIROSE

映画・演劇のレビュー

超人予備校『木の葉オン・ザ・ヘッド』

2017-06-15 21:04:38 | 演劇

12支のえとをやりきった超人予備校は、果敢にも今度はえと以外の動物にチャレンジする。今回はタヌキだ。『タヌキ・イン・ワンダーランド』である。というか、タヌキはこのワンダーランドの住人だから、アリスにあたるのは、ふたりの人間たち。上原日呂と日枝美香Lなのだが、彼らが別々にこのタヌキの世界に迷い込み、そこで体験する不思議を描くというのが、今回のお話。いつも通り、とてもバカバカしく、楽しい。タヌキの学校とか、腹鼓大会とか、タヌキ社会、タヌキの家族の日常、等々が描かれる。ふたりの人間たちはタヌキの世界をかき回す。

 

木の葉がお金になるから、お金が使い放題、とか、でも、木の葉だけに早く使わないと、もとの木の葉に戻ってしまうので、彼らは貯蓄しないとか。どんどん使うから経済活動が活発化する、なんて。なかなか笑えるネタが満載。タヌキが人を食べるとか、タヌキは人に化けるとか、そういうネタから、話を広げる。過疎化は、人間社会に化けて混じることで進行したとか。そういうエピソードが体系的につながることで、この世界の全貌と、その問題点が浮き彫りにされたならいいのだが、そこまではいかない。

 軽くこのたわいないストーリーを楽しみながら笑っていると、2時間が過ぎる。サラリとして、心地よい。作、演出の魔人ハンタームツルギによるとてもゆる~いタッチがいい。

 

『演劇』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Dracom『空腹者の弁』 | トップ | 『武曲』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。