習慣HIROSE

映画・演劇のレビュー

綿矢りさ『手のひらの京』

2017-04-19 20:56:59 | その他

京都を舞台にしてそこで暮らす3姉妹の日々を描く作品。帯には綿矢りさ版『細雪』、とあるが、そんな大仰なものではない。長さも250ページくらいとコンパクト。保育師の長女、OLの次女、大学院生の三女。それぞれがそれぞれの人生の大事な局面に臨み、そこから新しい旅立ちをしていく姿が綴られる。20代後半から30歳という、いろんな意味で微妙な年齢に立つ彼女たちが、自分をみつめる話。

出会いのない毎日に苛立つ長女は、30歳に入って焦り始める。妹から職場の先輩を紹介され、結婚を前提とした付き合いを始める。奔放な性格の妹(次女)は敵が多い。職場の人間関係で苦しい立場に立たされている。下の妹は全く男性と付き合うこともなく、ここまできたけど、本人はまるで気にしてない。そんなことよりも研究者として社会人となり、就職することが望みだ。京都を出て東京に行こうとしている。でも、両親は反対している。

そんな3人の生き方は全く誰とも似ていない。それは当然彼女たちひとりひとりのものだ。しかし、そんな3人の姿を追っていくうちに、そこに誰もが心当たりのある出来事が見えてきて、彼女たちに共鳴する。そこに自分たちと似たものを感じる。

生きていたらきっとぶつかることになるものが、そこには見え隠れしている。もしかしたらあまりに些細すぎて、見逃してしまいそうなこと。そんなことのひとつひとつを乗り越えて生きていく。目の前の問題としっかりと向き合い、乗り越えていこうとする3人の姿がすがすがしい。

 

京都ならではの風物詩も織り込みながら、ここは古い町でなんだかとても生き辛い、でも、このすてきな町で、生きていく。京都だなぁ、としみじみ思うことがあちこちで目に付く。それがやっぱりめんどくさくて、すごくうれしかったりして、なんとも不思議な気分にさせられる。とても気持ちにいい小説だった。

ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ライオン 25年目のただいま』 | トップ | 『ホワイトリリー』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。