習慣HIROSE

映画・演劇のレビュー

『サラエヴォの銃声』

2017-04-21 08:57:48 | 映画

『サラエヴォの銃声』というタイトルで、『ノーマンズランド』『鉄くず拾いの物語』のダニス・タノヴィッチ監督作品。前知識なくそれだけで見たからなんだか驚いた。こんな映画だとは思いもしなかった。ホテルの中から出ない。群像劇。さまざまな人たちが、ここで交錯していく。それぞれの立場や想いがすれ違い、ぶつかり合う。お話は『グランドホテル』形式を踏む。でも、個々人のドラマはさらりと描かれるから、あまり感傷的にはならない。どちらかというとドキュメンタリーのような感じで、感情移入しづらい。こんな話なのに、なぜだかあまり緊張感がない、情勢にむけてすべてのドラマが集約されていく、わけでもない。

 

この85分の映画が描く時間も85分だ。まぁ、これは『真昼の決闘』の時代から、よくあるパターンなのだが、それすらさりげない。あまりにさらりとしていて、なんなのか、と思うくらいだ。100年前のサラエヴォ事件の記念式典が舞台(背景?)となる。ホテルでのさまざまな出来事を追いかけていく。やがてタイトルにある銃声に至る。ボスニア内乱を描くのかと思っていたから、こんな群像劇だとは思いもしなかったから、映画を見ながら終始戸惑うことばかりだった。カタストロフィに向かい、ドラマはどんどん緊張を高めていく、というのがこの手の映画の定番なのに、その轍を踏まない。静かに事実を見つめていくばかりだ。それがもの足りない、と思ったのは、僕の理解力のなさだろうか。

 

へんな思い込みで映画を見てはならないと反省した。だけど、正直言って、この映画自体もなんか思ったほどには面白くはなかったのだけど、どうなんだかなぁ。(でも、いろんな映画祭で数々の賞を穫っているようだけど。)

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いとうみく『ひいな』 | トップ | 『暗黒女子』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。