習慣HIROSE

映画・演劇のレビュー

Iaku『粛々と運針』

2017-06-15 21:00:16 | 演劇

 

久々の横山拓也、作、演出作品。Iakuでは、演出は上田一軒に任せることが常だったので、それはそれでいいのだけれども、今回、横山さんが演出することで、どんなふうに上田演出と差をつけるのか、それが楽しみだった。その結果、だが、期待通りの新鮮さで、実に面白かった。

 

横山さんは上田さんよりも繊細だ。だから、壊れやすい。そんな危うさが作品の力になればいいが、なかなか微妙。今回もとても綱渡りをしている。だが、そんな危うさがこの作品の魅力になったことも事実だろう。

 

芝居は、あえて図式的な構図を用意した。2組の話が並行して描かれる。舞台左右にはふたりの女性がいる。布を縫う(タイトル通り、「粛々と運針」している)彼女たちは終盤まで彼らのドラマに関わらない。見守るというわけでもなく、黙々と自分たちの仕事に集中しているように見える。こういう構造は、作品を損なう可能性もある。あえて感情移入させないことで緊張感を持続させる。

 

お話自体はどこにでもあるような話で、ありきたりで、たわいないことだけど、実は誰にとっても切実で、大切なことだ。あるきっかけから、気がつくと、彼らは相手とガチで向き合って本音を語り合う。これ以上踏み込むと、彼らの関係が壊れてしまうかもしれないくらいに。そのへんの匙加減が見事だ。

 

夫と妻、兄と弟という2組の全く接点がない他人同士の話が、やがて時空を超えて、お互いに干渉し合うことになる。彼らが抱える問題、夫婦は、生まれてくることになるかもしれない子供をどうするか、兄弟は、末期ガンの母親をどう看取るのか、という切実な問題、それを話すこと。このふたつの話は本来別々の場所でもドラマで、交わるはずはないものなのに、この舞台という空間でリンクしていく。

 

なぜ彼らは今、ここにいるのか。2つの話には最初は全く接点がない。だからこそ、このふたつが重なるとき、思いもしない感動が誘発される。生と死はつながる。ふたつは対になることも逆になることもない。独立した問題として、自然に重なっていくのが見事だ。そのとき、彼らを見守っていた布を縫うふたりの女性が全面に出てくる。見事な構成だ。だが、ポイントはそういう構図にあるのではなく、この会話劇自体がよく出来ているから、感動的なのだ。

 

『演劇』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 劇団往来『リサの瞳の中に』 | トップ | 『怪物がささやく』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。